リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は左利きの選手を対象としたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

10位:バルセロナには合わない?

スライド1 (1)
【写真:Getty Images】

FW:アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表/バルセロナ)
生年月日:1991年2月21日(30歳)
市場価格:6000万ユーロ(約72億円)
20/21リーグ戦成績:36試合出場/13得点7アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レアル・ソシエダで頭角を現し、アトレティコ・マドリードで王様となり、フランス代表としてワールドカップを勝ち取ったアントワーヌ・グリーズマン。しかし、2019年に加入したバルセロナではなかなか輝きを放てておらず、サポーターからブーイングを浴びせられることも珍しくない。現在30歳ということを考えても、かなり厳しい状況にあると言わざるを得ない。

 アトレティコ時代の「攻撃力」は凄まじいものがあった。「スピード」があってシュートや「パス」センス、「テクニック」も非凡で、フィニッシャーとしてもチャンスメーカーとしても怖い存在だった。それに加え、ディエゴ・シメオネ監督のチームでは「守備力」もレベルアップした。まさに、前線の何でも屋というような男だった。

 バルセロナでも「守備力」やオフ・ザ・ボールの動きは目立っている。しかし、総じて「攻撃力」は落ちていると言わざるを得ない。もともとグリーズマンは個で打開するような選手ではなくチームプレーヤーなのだが、そのチームに合っていないことでシュートや「パス」のスキルがほぼ目立っていないのである。「スピード」などもやはり低下しており、今回はギリギリのトップ10入りとなっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top