乱闘で中止のニース対マルセイユは再試合に。フィジカルトレーナーは今季残り試合職務停止

2021年09月09日(Thu)17時51分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ニース対マルセイユ
【写真:Getty Images】



 フランス・プロサッカーリーグ連盟(LFP)は8日、リーグアン第3節のニース対マルセイユの扱いを決定した。同カードは、中立地で無観客の再試合となることが決まっている。

 両クラブは先月22日のリーグ戦で対戦。後半途中、ペットボトルがマルセイユのMFディミトリ・パイェに投げられたことをきっかけに乱闘が発生する事態に。そのまま試合再開が不可能となっていた。

 LFPは8日、この試合の扱いを確定させた。試合は中立地での再試合になるほか、ニースは勝ち点2のはく奪に。うち勝ち点1は執行猶予がつく。マルセイユ側では、ペットボトルをスタンドに投げ返したパイェが1試合の出場停止。DFアルバロ・ゴンサレスは、2試合の出場停止処分となった。

 そのほかに、マルセイユ側にはより重大な処分も。フィジカルトレーナーであるパブロ・フェルナンデスが今季残り試合の職務停止となることが決まった。こちらは観客に対する暴力行為が確認されたとのことだ。

【了】

新着記事

↑top