サラーがリバプールでリーグ通算100得点。オーウェン氏ら上回るクラブ新記録達成

2021年09月26日(Sun)15時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

モハメド・サラー
【写真:Getty Images】



 イングランド・プレミアリーグ第6節のブレントフォード対リバプール戦が現地時間25日に行われ、3-3のドローに終わった。リバプールのFWモハメド・サラーはこの試合で、クラブ史上最速でのリーグ戦通算100得点を達成している。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サラーは1-1で迎えた54分、ファビーニョからの浮き球パスを受けてエリア右に抜け出し左足ダイレクトでのシュートを流し込む。オフサイドの可能性がVARで判定されたが、最終的に得点は認められることになった。

 第4節のリーズ戦ではプレミアリーグ通算100得点を達成していたサラーだが、そのうち2点は過去に所属したチェルシーで記録したもの。そこからさらに2点を加えたことで、リバプールでの得点数も大台に到達した。

 リバプールでプレミアリーグ通算100ゴールを過去に達成したのはロビー・ファウラー氏、マイケル・オーウェン氏、スティーブン・ジェラード氏の3人のみであり、サラーは4人目の達成者。また、プレミアリーグ以前の時代を含めてもリーグ戦151試合出場での100ゴールはクラブ最速記録となった。

 他クラブを含めても、単一クラブでのプレミアリーグ100ゴール達成者としては史上4位のスピード記録。ブラックバーンのアラン・シアラー氏(124試合)、トッテナムのハリー・ケイン(138試合)、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ(147試合)に次いで少ない試合数での達成となっている。

【了】

新着記事

↑top