C・ロナウドのゴールパフォーマンスを本人に見せつけたエバートンMF。その意図は…

2021年10月03日(Sun)16時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

アンドロス・タウンゼント
【写真:Getty Images】



 イングランド・プレミアリーグ第7節のマンチェスター・ユナイテッド対エバートン戦が現地時間2日に行われ、1-1のドローに終わった。この試合でエバートンのMFアンドロス・タウンゼントが見せたゴールパフォーマンスが注目を集めている。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 FWクリスティアーノ・ロナウドをベンチスタートとしたユナイテッドは、前半終了間際にFWアントニー・マルシャルのゴールで先制。だが65分には速攻からゴール正面でパスを受けたタウンゼントが右足でゴール左隅へ同点ゴールを決め、ユナイテッドはリーグ戦2試合連続で勝利を逃す結果に終わった。

 ゴールを決めたタウンゼントはコーナーフラッグに向けて走り寄ると、ジャンプして空中で回転しながら両腕を伸ばして着地するゴールパフォーマンスを披露。C・ロナウドが得意とするパフォーマンスを本人の目の前で見せつけた。

 ユナイテッドが勝利を逃したこともあり、C・ロナウドとしては挑発を受けたような形ともなったが、タウンゼントの意図は逆だったようだ。「彼は僕にとって憧れなんだ」とタウンゼントは試合後に英『BTスポーツ』に語っている。

「昔からクリスティアーノ・ロナウドを見ながら育って、練習場でも彼のテクニックをいつも真似ようとしていた。(パフォーマンスは)クリスティアーノへの敬意のようなものだ。同じピッチに立てて光栄だったよ」とタウンゼントは続けた。

 ゴールパフォーマンスは着地の場面で綺麗に静止しないなど、C・ロナウドと比べると“完成度”の低いものとなってしまった。「もう少し長くやるべきだったかもしれない。うまくやれなかったからね」とタウンゼントは、悔いを残した様子も見せている。

【了】

新着記事

↑top