バイエルンのフランス代表DF、スペインでの収監は回避。禁錮半年の刑に執行猶予

2021年10月27日(Wed)18時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

リュカ・エルナンデス
【写真:Getty Images】



 バイエルン・ミュンヘンに所属するフランス代表DFリュカ・エルナンデスは、スペインでの収監を当面は免れることになった。スペイン紙『マルカ』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 リュカはアトレティコ・マドリードに在籍した2017年に、当時の恋人であり現夫人のアメリカ・オッサ・ジョレンテさんに暴力を振るったとして逮捕された。その後二人は仲直りしてバカンスへ出かけたが、逮捕時に出されていた500メートル以内の接近禁止命令に違反したとして、リュカはスペインへの帰国時に再逮捕されていた。

 リュカに対してはこの一件で禁錮半年の判決が言い渡され、今月13日には収監命令が出されるとともに、19日に出廷することが命じられた。1日早く18日に出廷したリュカに対し、裁判所は10日以内に自発的に刑務所入りすることを指示し、28日がその期限となっていた。

 だがリュカの提出していた異議申し立てが受け入れられ、禁固刑執行の差し止めが決定。今後4年間に新たな罪を犯さず、また総額9万6000ユーロ(約1260万円)の罰金を収めれば収監は免れることになる。

 リュカは今季ブンデスリーガ開幕から3試合を負傷で欠場したあと、復帰後は全ての公式戦に先発出場している。バイエルンにとっては主力の長期欠場が回避され一安心だろう。

【了】

新着記事

↑top