アーセナル、冨安健洋の現地ファンも湧く圧巻の守備は…。アルテタ監督も名指しで称賛、そしてMVPは【分析コラム】

2021年10月31日(Sun)10時50分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

 プレミアリーグ第10節、レスター対アーセナルが現地時間30日に行われ、0-2でアウェイチームが勝利した。冨安健洋は右SBとして先発フル出場。前半早々に2点のリードを奪い、後半は防戦一方だったが、持ち味である堅守で無失点勝利に大きく貢献した。(文:安洋一郎)


2点のリードを守りきった

20211031_冨安健洋_getty
【写真:Getty Images】

 前節、アストン・ビラに3-1の快勝を収めたアーセナルは、今節も同じ3バックのレスター相手にキックオフ直後から主導権を握ることに成功した。

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 自分たちのペースを握る上で重要な役割を担っていたのが、2試合連続でスタメンに起用されたアレクサンドル・ラカゼットだ。前節同様にワントップのピエール=エメリク・オーバメヤンより少し低い位置でボールを引き出し、レスターの守備陣が捕まえきれない抜群のポジショニングで起点を作った。

 主導権を握ったアーセナルは5分、前節に引き続きCKから先制点を決めることに成功した。その後も自分たちのペースでサッカーを展開し、18分にカウンターからエミール・スミス=ロウが2試合連続ゴールとなる得点を決めて、前半を2-0のリードで折り返す。

 後半開始と同時にレスターはCBのダニエル・アマーティとFWのケレチ・イヘアナチョを下げて、WGのアデモラ・ルックマンとハーヴィー・バーンズを投入。システムを4-2-3-1に変更し、サイド攻撃からアーセナルゴールに迫った。

 そこで立ちはだかったのが、GKのアーロン・ラムズデールを始めとするアーセナルの守備陣だ。後半開始直後はサイドを起点に立て続けに決定機を作られたが、最後はラムズデールが決死のセーブでゴールを割らせず。DF陣も前節、終盤に失点した反省を活かし、堅い守備ブロックを形成し集中した守備で守り切った。

 結果、ホームのレスターはボール保持率64%、シュート16本、枠内シュート8本とスタッツ的にはアーセナルを圧倒したが、無得点に終わり敗戦。一方のアーセナルは前半を2-0で折り返していたこともあり、後半は無理をして攻める必要性がなく、無失点という最高の形で逃げ切ることに成功した。

 これでアーセナルは第4節ノリッジ戦から続く公式戦無敗記録を「9」に伸ばし、プレミアリーグでは暫定ながら6位に浮上。遂に欧州カップ戦出場を狙える位置まで順位を上げた。

1 2 3

新着記事

↑top