岩渕真奈、自問への回答は「世界一を目指していますと言うのは少し早い」。なでしこジャパンの現在地は…

2021年11月30日(Tue)13時56分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

岩渕真奈
【写真:Getty Images】



【日本 0-0 オランダ 国際親善試合】

 サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は現地29日、国際親善試合でオランダ女子代表と対戦し0-0のスコアレスドローに終わった。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 25日のアイスランド代表戦をコンディションの問題で欠場していたFW岩渕真奈は、オランダ戦の前半途中から急きょピッチに立った。スタメンから外れていたものの、FW田中美南の負傷により出番が回ってきた形だった。

 池田太監督が就任してから初めて出場したなでしこジャパンでの試合はスコアレスドロー。岩渕自身にゴールもなく「自分自身プレーしている中で、ゴールを目指しつつもゴールが遠いなと感じていた」と悔やんだ。

「ゴールへの意識の中にも、たぶんいろいろな要素があると思うんですけど、でも結局点を取らないと勝てないですし、今日に関してはディフェンス陣は本当に良かったと思うので、こういう試合を勝ちきれなかったことは攻撃の選手として責任を感じます。もっともっとやるべきことはあるなと改めて感じました」

 岩渕が「結局点を取らないと勝てない」と言ったように、なでしこジャパンはオランダ遠征の2試合を通じて無得点。そして1分1敗と新体制発足から未勝利のままだ。「チームコンセプトや目指すものはしっかり理解できた」とはいうものの、結果にはつながっていない。

「机上というか、意識の部分はもちろん日に日に共有できていると思います。でも結局、それを
『いつやるの?』となった時に、今日のようなゲームでしっかりできなかったら意味もないですし、個人的な感想として今日のゲームは勝つべきだったと思うので。そこで点を取れなかったというのは、まだまだというか、何もなかったなと思います」

 オランダ戦前、岩渕は「チームとしては今、本当にスタートしたばかりで、1試合終わっただけ。正直、『目標は?』と聞かれたとしても、今は自分の中で答えは見つかっていなくて」と明かしていた。

 なでしこジャパンとして「もちろん、もう一度世界一を目指すのは当たり前の話」ではあるが、そこへの道筋が見えているわけではなかった。では、池田ジャパンでの1試合目を終えた岩渕の考えは変わっただろうか。あえて答え合わせをお願いした。

「もちろん毎試合勝って、その中で世界一という目標が見えてくるのが理想ではあるし。たぶん自分も当たり前に『(目標は)世界一』と言うべきだとは思うんですけど、正直やるべきことがたくさんあるなというのは個人的に感じているので。

まず1つひとつ、今日の課題だったら本当にゴールに向かうバリエーションだったり、個々のゴールへの意識から始めて、その先にそういう(世界一という)大きな目標が見えたらいいなと思っています。正直今の段階で自分は『このチームで世界一を目指しています』と言うのは少し早いかなと思っています」

 2019年のFIFA女子ワールドカップではオランダに敗れてベスト16に終わり、2021年の東京五輪はスウェーデン女子代表に屈してベスト8だった。これらはなでしこジャパンの現在地として妥当な結果だっただろう。

 欧米諸国は猛烈なスピードで成長しており、とっくに日本は置いていかれてしまった。池田太監督が就任したなでしこジャパンは、少しでもその差を埋め、世界一に再び近づけるだろうか。岩渕が抱く感覚や、「目標は?」という問いへの答えが変わっていくことを期待したい。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top