パンデミックにより延期を余儀なくされた東京五輪(東京オリンピック)、ユーロ(欧州選手権)、コパ・アメリカ(南米選手権)が行われた2021年も幕を閉じた。今回は、2021年を彩った世界各国の選手の中からベストイレブンを選定した。(成績は2021年12月27日時点)

FW

0102WorldFW_getty
【写真:Getty Images】

モハメド・サラー(エジプト代表)
所属クラブ:リバプール
生年月日:1992年6月15日(29歳)
リーグ戦成績:40試合24得点11アシスト
代表成績:7試合2得点3アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 モハメド・サラーは、キャリアのピークを迎えている。昨季のプレミアリーグではゴールが止まる時期があったが、終盤戦以降は好調が続く。特に今季はリーグ戦で18試合15得点、UEFAチャンピオンズリーグでも6試合7得点と、試合数に迫るペースでゴールを量産している。

 圧倒的なスピードや切れ味鋭いドリブルに加え、シュートに至るまでの動きや精度は年々洗練されている。2021年はまさにトップオブトップと呼ぶにふさわしい活躍だった。

ロベルト・レバンドフスキ(ポーランド代表)
所属クラブ:バイエルン・ミュンヘン
生年月日:1988年8月21日(33歳)
リーグ戦成績:34試合43得点4アシスト
代表成績:12試合11得点4アシスト

 2021年のロベルト・レバンドフスキは、異次元の活躍を見せた。ブンデスリーガでは20年の年末から9試合連続ゴール、さらに10試合連続ゴールという驚異的な記録を残し、2021年に挙げたリーグ戦得点数は43に到達。これはゲルト・ミュラーの持っていた年間最多得点記録を49年ぶりに更新する驚異的な数字となった。

 21/22シーズンはまだ折り返し地点だが、既に公式戦の得点数は30に達した。UEFAチャンピオンズリーグでは華麗なオーバーヘッドからゴールを決めたレバンドフスキは、ゴールを奪うための全てを兼ね備えている。

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
所属クラブ:ユベントス→マンチェスター・ユナイテッド
生年月日:1985年2月5日(36歳)
リーグ戦成績:23試合18得点1アシスト(ユベントス)
リーグ戦成績:13試合7得点2アシスト(マンU)
代表成績:14試合13得点1アシスト

 クリスティアーノ・ロナウドは、20/21シーズンにセリエAで29得点を挙げて得点王に輝いた。これでプレミアリーグ、ラ・リーガに続く得点王受賞となったが、3大リーグ制覇は史上初の快挙となっている。

 夏に行われたユーロ(欧州選手権)でも、ポルトガル代表はラウンド16で敗退しながら、5得点のロナウドは得点王に輝いた。13年ぶりに復帰したマンチェスター・ユナイテッドでも勝負強さは健在で、UEFAチャンピオンズリーグでは3試合連続で後半アディショナルタイムにゴールを決めている。2月には37歳になるが、まだまだワールドクラスのパフォーマンスを見せている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top