エデン・アザール
【写真:Getty Images】



 レアル・マドリードを退団する可能性が高まっているとみられるベルギー代表MFエデン・アザールだが、移籍先を見つけるのは容易ではないかもしれない。スペインなど複数メディアが見通しを伝えている。

【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2019年に加入したマドリーで本領を発揮できず、今季も苦しいシーズンを過ごしているアザール。先週行われたスペイン・スーパーカップでも2試合出場無しに終わったこともあり、移籍を決断したとも報じられている。

 スペイン紙『マルカ』などが伝えたところによれば、マドリー側も本人の希望を受け入れ移籍に応じる姿勢を示しているという。だが、高額の年俸などが災いし、獲得可能なクラブを見つけるのは簡単ではないという見通しも示されている。

 スペイン紙『アス』は、プレミアリーグからニューカッスルやエバートンがアザールの獲得に関心を示し、マドリーもそれを把握していると伝えた。だが現時点でオファーは届いていないとされている。

 一方でスペイン『エル・ナシオナル』は、ニューカッスルからボーナス込みで移籍金総額5000万ユーロ(約65億円)というオファーが提示され、マドリー側もそれを受け入れたと報道。だがアザール本人は古巣チェルシーなどと同格の“ビッグクラブ”を希望し、ニューカッスル行きを断ったとされている。

【了】

新着記事

↑top