奇跡の番狂わせまであと一歩…絶体絶命のコモロが強豪カメルーンを震えさせたゴールが凄い!

2022年01月25日(Tue)17時26分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

ユスフ・ムチャンガマ
【写真:Getty Images】



 2021アフリカ・ネーションズカップ決勝トーナメント1回戦のカメルーン代表対コモロ代表戦が現地時間24日に行われ、2-1の勝利を収めたカメルーンが準々決勝進出を果たした。敗戦に終わったとはいえ、コモロ代表の奪った1得点は大会屈指のスーパーゴールとなった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 コモロ代表はネーションズカップ本大会初出場ながらも決勝トーナメント進出の快挙を達成。グループステージ最終節ではガーナ代表を破る大金星を挙げて突破を決めたが、開催国カメルーンに挑むラウンド16を前に絶体絶命のピンチを迎えていた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により多くの選手が離脱し、特にGK陣が全員出場不可能に。直前に陰性判定を受けたGKもレギュレーションにより出場が認められず、本来左SBであるフィールドプレーヤーの選手を急造GKとして試合に臨んだ。

 しかも開始からわずか7分、危険なプレーで退場者を出したコモロは10人での戦いを強いられることになってしまう。粘り強く戦いながらも2点を奪われ、敗退は濃厚となったが、81分には強烈な一矢を報いることに成功した。

 敵陣内やや左寄りの位置でのFKからFWユスフ・ムチャンガマが放ったシュートは、約30メートルの完璧な弾道を描いてゴール左上隅を撃ち抜く。それ以上の追い上げはならなかったが、記録的大敗を喫してもおかしくなかった試合にわずか1点差という大健闘を残してコモロは大会を去ることになった。

1 2

新着記事

↑top