0202-南米予選まとめ2
【写真:Getty Images】



 カタールワールドカップ南米予選の第16節が現地時間1日に行われた。既にワールドカップ出場が決まっている首位のブラジル代表は、パラグアイ代表に4-0と大勝。2位のアルゼンチン代表はコロンビア代表を1-0で下している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 3位のエクアドル代表はペルー代表と対戦。勝利すればワールドカップ出場が決まる重要な一戦を迎えた。しかし、開始早々の2分に先制するも69分に失点。1-1の引き分けに終わり、足踏みとなった。

 逆に同点に追い付いた5位のペルー代表は勝ち点を21に伸ばし、ワールドカップ出場圏内4位のウルグアイ代表に勝ち点1差まで迫った。 

  第15節を終えた時点でプレーオフ圏内の5位に位置していたウルグアイ代表は、ベネズエラ代表に4-1で勝利。ホームで貴重な勝利を掴み、ワールドカップ出場圏内の4位に浮上した。

 プレーオフ圏外の7位に沈んでいたチリ代表は、ボリビア代表に2-3で勝利。勝ち点3を積み上げ、6位に浮上している。
 
 5位のチームはプレーオフに回り、日本代表と対戦する可能性もある。南米予選は残すところ2試合のみ。ストレートでワールドカップ出場権を得られる残り2枠をめぐり、勝ち点5差に4チームがひしめく大混戦となっている。

【順位表】カタールワールドカップ・南米予選

【了】

新着記事

↑top