バルセロナはなぜナポリに勝てなかったのか。「簡単に勝てた」試合で散々だった背番号19【EL分析コラム】

2022年02月18日(Fri)11時25分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

バルセロナ最新ニュース

ヨーロッパリーグ・決勝ラウンドプレーオフの1stレグ、バルセロナ対ナポリが現地時間17日に行われた。バルセロナは90分間で計21本のシュートを放つなど、セリエA最少失点を誇るナポリを圧倒。しかし、得点はPKによる1点に留まってしまった。一体なぜ。(文:小澤祐作)


「勝てた」試合だったが…

バルセロナ
【写真:Getty Images】

「3-1、4-1、5-1でも簡単に勝てたというのが実感だ。この試合で唯一残念だったのは、スコアラインだ」

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ヨーロッパリーグ・決勝トーナメントプレーオフ1stレグ、ナポリとの一戦を終えたジェラール・ピケはそうコメントを残した。今季よりアウェイゴール・ルールが廃止されたため、ホームで1-1という結果はそれほど悪くないのだが、いかんせん「勝てた」だけに、後味の良くない試合となってしまった。

 今季セリエAで最少失点を誇るナポリは決して弱いチームではない。カリドゥ・クリバリ、ロレンツォ・インシーニェ、ヴィクター・オシムヘンなどタレントが揃っており、指揮官も経験豊富なルチアーノ・スパレッティと、むしろ実力十分な集団である。

 しかし、この日のバルセロナはあまりにもパフォーマンスレベルが高く、そのナポリすら小さく見えたのが事実だった。90分間でホームチームが放ったシュート数は実に21本で、被シュート数はたったの4本。これだけでも、いかに彼らがゲームを支配していたかがわかるだろう。

 では、なぜこれほど圧倒しながら、バルセロナはナポリに勝ち切れなかったのだろうか。

1 2 3

新着記事

↑top