マンCとエバートンのウクライナ人選手が“涙の抱擁”。チームメートやファンも支援の思い示す

2022年02月27日(Sun)19時31分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,


マンチェスター・シティ 最新ニュース

オレクサンドル・ジンチェンコ、ヴィタリー・ミコレンコ
【写真:Getty Images】




難しい状況で試合に臨んだ2人のウクライナ人選手


 ロシア軍のウクライナ侵攻により、欧州各国のクラブに所属するウクライナ人選手たちは難しい精神状態に置かれている。26日に行われたエバートン対マンチェスター・シティ戦では、両クラブのウクライナ人選手が試合前に感極まった様子で抱擁を交わす姿に注目が集まった。



【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 西欧主要リーグなどでプレーするウクライナ人選手たちに対しては、クラブやチームメートらが精神面も含めて最大限の支援を行う姿勢を見せている。ウェスト・ハムは同国代表FWアンドリー・ヤルモレンコに対し、精神状態を考慮して休暇を与える決定を下した。

 一方で、難しい状況でのプレー続行を選んだ選手たちもいる。プレミアリーグ第27節の試合では、エバートンのDFヴィタリー・ミコレンコ、シティのMFオレクサンドル・ジンチェンコがともにベンチ入りメンバーに名を連ねた。

 試合前には両チームおよびサポーターから、ウクライナに対する支援の思いが示された。エバートンの選手たちはウクライナの旗を背負い、シティの選手たちはウクライナ国旗に「戦争反対」の文字が添えられたシャツを着て入場。スタンドにもメッセージの込められたウクライナカラーの横断幕が掲げられていた。

 ミコレンコとジンチェンコの2人は試合前に軽く言葉を交わしたあと抱擁。両選手ともに試合には出場しなかったが、ベンチで感極まるような様子も見せ、特にジンチェンコの目には涙も光っていたことを英国メディアなどが伝えている。

【了】

新着記事

↑top