もはや手がつけられない! バルセロナ、ペドリが持つ感覚とは? 「覚えているのはそれだけ」と語ったのは…【EL分析コラム】

2022年03月18日(Fri)11時37分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,


バルセロナ最新ニュース

UEFAヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2ndレグ、ガラタサライ対バルセロナが現地時間17日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利。この結果、2戦合計スコア2-1でバルセロナがベスト8に進んでいる。先制されるなど苦しんだバルセロナはなぜ逆転できたのか。その立役者は?(文:小澤祐作)


以前では考えられなかった逆転勝利

バルセロナ
【写真:Getty Images】

 シャビ・バルサの底力を見た気がした。週末に控えているレアル・マドリードとの大一番に向けても、弾みがついたのではないだろうか――。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の1stレグをスコアレスドローで終えたバルセロナにとって、2ndレグが難しくなることは容易に想像できた。ホームでアドバンテージを得られなかったことはもちろん、ガラタサライのサポーターは世界屈指と言えるほど熱狂的で、普段とはまた違った雰囲気の中で行われるアウェイゲームだったからだ。

 実際、バルセロナはかなり苦戦を強いられた。1stレグ同様ボールは保持できるが、GKイニャキ・ペーニャの壁をなかなか破れない。すると28分、アレクサンドル・シカルダウの蹴ったコーナーキックをマルカンに合わせられ失点。敵地で1点ビハインドを背負ってしまった。

 しかし、以前までのバルセロナであればこのままズルズルいくところが、この日は違った。37分にペドリが同点ゴールを奪うと、後半開始早々にピエール=エメリク・オーバメヤンがゴールネットを揺らす。けたたましいブーイングが響く難しい状況の中、見事スコアをひっくり返したのである。

 その後は冷静にボールを動かしながらガラタサライに反撃の芽を与えず、バルセロナは逃げ切りに成功。ベスト8へと駒を進めることになった。

 では、ここまで簡単にゲームを振り返ってきたが、なぜバルセロナは逆転勝利を収めることができたのだろうか。

1 2 3

新着記事

↑top