クビ目前? チェルシーの放出候補5人。約135億円の復帰した大型FW、 GK史上最高額で加入した元守護神も

2022年03月31日(Thu)7時00分配信

シリーズ:クビ目前? 放出候補5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

MF:ロス・バークリー(イングランド代表)

0330バークリー
【写真:Getty Images】


生年月日:1994年2月13日
契約期間:2023年6月30日まで
21/22リーグ戦成績:5試合0得点0アシスト
21/22欧州CL成績:3試合0得点0アシスト
21/22カップ戦成績:4試合0得点0アシスト

 チェルシーのレジェンド、フランク・ランパードが着用していた8番は2017年1月以降空席となっていたが、2018年1月に加入したロス・バークリーが受け継いだ。

 エバートンの下部組織出身のバークリーは、リーズへのレンタル移籍から復帰した13/14シーズンにブレイクした。目覚ましい活躍を続けた同選手は、2018年に1680万ユーロ(約20億円)でチェルシーへ移籍。エバートン在籍時に負った怪我が完治しない中、5年契約を結んだ。しかし、監督や選手の入れ替わりが激しい同クラブでは、定位置を確保できずにいる。

 マウリツィオ・サッリ監督が指揮した18/19シーズン、ランパード監督就任1年目の19/20シーズンは、攻撃を牽引する活躍を見せていた。しかし、2020年9月にカイ・ハフェルツらが加入するとポジションを奪われ、アストン・ビラへレンタル移籍に出された。今季はチェルシーに復帰したが、トーマス・トゥヘル監督の下では出場機会が得られていない。契約期間は2023年6月30日までだが、新天地さえ見つかればクラブは移籍を許可するだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top