クビ目前?アーセナルの放出候補5人。クラブ史上最高額で獲得した男、120試合以上に出場した元正守護神も?

2022年04月01日(金)7時00分配信

シリーズ:クビ目前? 放出候補5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

DF:エクトル・ベジェリン(元スペイン代表)

20220331_ベジェリン_getty
【写真:Getty Images】


生年月日:1995年3月19日
契約期間:2023年6月30日まで
21/22リーグ戦成績:0試合0得点0アシスト
21/22カップ戦成績:0試合0得点0アシスト

 かつてエクトル・ベジェリンの驚異的なスプリント力は目を見張るものがあった。しかし、度重なる怪我の影響で自身最大の武器であるスピードは失われており、攻守においてクオリティ不足は否めない。特に昨季のパフォーマンスレベルは低く、26年ぶりに欧州カップ戦の出場権を逃した要因の一つとなってしまっていた。

 アーセナルにとって右SBがウィークポイントの1つとなっていたため、昨夏にボローニャから冨安健洋を獲得。これによりベジェリンの序列は下がり、レアル・ベティスへとローン移籍している。ベジェリンはアカデミー時代にアーセナルに加入したということもあり、自身初のラ・リーガでのプレーとなっているが、ここまで公式戦27試合で4アシストとまずまずの結果を残している。

 アーセナルとベティスとの間には買い取りオプションの契約はないとされており、来季以降の去就は今季終了後に決まるだろう。仮にアーセナルに復帰したとしても冨安とセドリックがいるためベジェリンのポジションはなく、2023年夏までの契約ということを考えると今夏の完全移籍での退団が濃厚だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top