クビ目前?アーセナルの放出候補5人。クラブ史上最高額で獲得した男、120試合以上に出場した元正守護神も?

2022年04月01日(Fri)7時00分配信

シリーズ:クビ目前? 放出候補5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,


アーセナル 最新ニュース

21/22シーズンも佳境に差し掛かり、来シーズンに向けた補強や契約の話題も増えてきた。現在アーセナルに在籍している選手の中で、立場が危うい選手は誰なのか。今回は、この夏に契約満了を迎える選手を除き、放出候補となり得る5選手をピックアップして紹介する。※データは『transfermarkt』を参照、ローン移籍中の選手は所属元での成績


FW:ニコラ・ペペ(コートジボワール代表)

20220331_ペペ_getty
【写真:Getty Images】

生年月日:1995年5月29日
契約期間:2024年6月30日まで
21/22リーグ戦成績:15試合1得点1アシスト
21/22カップ戦成績:3試合2得点4アシスト


【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 ニコラ・ペペはリールに所属していた2018/19シーズンにリーグ・アンで22ゴール11アシストという好成績を残した。この活躍に目を付けたアーセナルへクラブ史上最高額となる8000万ユーロ(約96億円)で移籍したが、期待に応える活躍ができているとは言い難い。

 加入から2シーズンは右WGのポジションで多くの出場機会を得ていたペペだが、今季よりクラブ生え抜きのブカヨ・サカがそのポジションに定着。また、今季のアーセナルは欧州カップ戦に出場していないため、ローテーションの機会が少なく、その結果ペペの出場機会は大幅に減少してしまった。

 今季のプレミアリーグに限定すると先発出場した試合はわずか4試合に留まっており、最後にスタメンに名を連ねたのは第8節クリスタル・パレス戦となっている。プレー時間がかつてないほど減少している現状に対してペペは「当然、プレーできないのはイライラする」と語っており、夏にも新天地を求める可能性があるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top