サッカー最新ニュース

ヨーロッパ最強クラブを決めるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)。この世界最高のクラブが集結する大会で最高の輝きを放った選手がいる。今回はチャンピオンズリーグで王者にとなった名手について、フットボールチャンネル編集部が独自の方法で算出した能力値を紹介する。[sponsored content]


フランク・ランパード


【写真:Getty Images】

MF:フランク・ランパード(チェルシー/イングランド代表)
生年月日1978年6月20日(当時33歳)
11/12シーズンCL成績:12試合3得点3アシスト
CL通算105試合23得点28アシスト
CL最高成績:優勝(11/12/チェルシー)


【「プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド」(サカつくRTW)のダウンロードはこちらから!】

 00年代から10年代初頭にかけて、完全無欠の最強MFと考えられていたのがフランク・ランパードである。“鉄人”とも称されるように強靭な肉体を持ち、負傷離脱もほぼしない。さらにプレミアリーグで10年連続2ケタ得点を記録する圧巻の力を持っていた。

 ランパードがCLを制したのは11/12シーズン。このシーズンのチェルシーは就任1年目のアンドレ・ビラス・ボアス監督が解任されるなど混迷したものの、逆境を糧にCLで躍進。バイエルンの本拠地でバイエルンと対戦することとなった決勝では、PK戦の末に勝利を収めた。

 能力値を見ると、まさに完全無欠。70以下の項目は1つも無く、ボックス・トゥ・ボックスとして攻守に世界屈指の力を持っていたことがわかる。特に「フィジカル」と「メンタル」は90を大きく超える数値となった。この強靭な体と精神力がランパードを偉人にしたと言ってもいいだろう。

 そのランパードが『サカつくRTW』に登場する。この男がピッチの中央に君臨すれば、攻守に大幅なレベルアップを遂げるはずだ。

好評配信中のスポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』(「サカつくRTW」)では、レジェンド「ロベルト・カルロス」「ミチェル・サルガド」「フランク・ランパード」や現役のスーパースターたちが新★5選手として登場する“SUPER STAR FES LEGENDS”を、7月27日(水)より開催中!


詳細は画像をクリック

Google playからのダウンロードはこちら
googleplay

App Storeからのダウンロードはこちら
apple

1 2 3 4 5

新着記事

↑top