主な控え


【写真:Getty Images】


ウィリアム・サリバ(フランス代表/背番号12)
生年月日:2001年3月24日

グラニト・ジャカ(スイス代表/背番号34)
生年月日:1992年9月27日

エミール・スミス=ロウ(イングランド代表/背番号10)
生年月日:2000年7月28日

エディ・エンケティア(イングランド/背番号14)
生年月日:1999年5月30日

 昨季マルセイユへレンタル移籍していたウィリアム・サリバが、アーセナルへ帰ってきた。現在21歳のCBは、スピードと強靭なフィジカルを活かしたアグレッシブなディフェンスでキリアン・エムバペらを抑える活躍をみせ、リーグ・アン年間最優秀選手賞を受賞した。アーセナルのCBは、おそらく今季もベン・ホワイトとガブリエル・マガリャンイスだろう。だが、7月30日のセビージャ戦のように3バックを採用する際は、サリバにも出番が回ってくるはずだ。

 
 グラニト・ジャカはアーセナルに加入以降、中盤に君臨し続けている。しかし、一昨季から退団や後継者の獲得が噂されており、アーセナルは今夏に3500万ユーロ(約42億円)でファビオ・ヴィエイラを獲得した。しかし、同選手は現在負傷中。そのため、開幕戦ではジャカが先発出場するだろうが、ヴィエイラが復帰すれば、スイス代表MFはベンチに追いやられる可能性が高い。

 アーセナルの10番、エミール・スミス=ロウは昨シーズン自身初となる2桁得点をマーク。シーズン序盤から見事な活躍をみせていた。しかし、2021年12月に負傷して以降はスタメンから外され、主に途中出場となっている。現在も負傷のためプレシーズンマッチを欠場している同選手は、復帰後もおそらく途中出場が続くだろう。

 出場機会の少ないエディ・エンケティアは、今夏の退団を噂されたが、背番号を14に変えて契約延長。アーセナルに留まることを決断した。しかし、今夏にマンチェスター・シティからガブリエル・ジェズスが加入。昨季よりは出場機会が増えるかもしれないが、序列としてはブラジル人ストライカーの控えとなりそうだ。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top