憶えておきたい! バルセロナの未来を担う少年たち。久保建英、ガビ、アンス・ファティに続くのは?【U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2022】

2022年09月02日(金)8時00分配信

text by 編集部 photo Editors
タグ: , , , , , , , , , , ,

バルセロナ最新ニュース

FCバルセロナU-12は8月22日~25日という日程でU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジに臨み、大会3位という成績を残した。過去には久保建英、アンス・ファティ、エリック・ガルシア、ガビらがこの大会でプレー。早ければ5年後、今大会に登録された22人の中からトップチームで活躍する選手がいるかもしれない。4日間で7試合を戦った今大会での活躍をもとに、バルセロナの選手を紹介する。


【写真:編集部】


GK

 背番号1をつけたアイトル・カソルラ・マルティンは、バルセロナらしい足元の技術に長けたGKだった。セーブ機会は大会を通じて多くなかったが、ビルドアップの局面ではフィールドプレーヤーさながらの技術を披露。味方が躊躇なくバックパスをしていることからも、信頼の高さがうかがえる。控えGKの13番・パブロ・ペニャ・ロペスは出場機会こそ長くなかったが、ハーフタイムの1対1の練習では攻撃役のコーチを幾度となく止めており、間合いを詰める迫力を感じさせた。


【今シーズンのバルセロナは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】

DF

 センターバックで印象的だったのは背番号4のホセ・アルフレド・ロドリゲス・パラオナ。長身の左利きで、大きなストライドで広大なスペースをカバーしていた。プレスをかけられても難なくボールを運ぶ技術があり、フリーの状況では積極的に持ち上がる姿が印象的だった。3位決定戦では最終ラインから運び、ミドルレンジからゴールを決めた。左足のキックはパンチ力があり、前線へのフィードは大会を通じて何度もチャンスにつなげている。

 背番号17のエリック・ロドリゲス・ガルシアは、トップチームのレジェンド・ジョルディ・アルバを彷彿とさせる左サイドバック。足下の技術に優れ、ビルドアップにおけるポジショニングも非常に効果的だった。目立つプレーは少なかったが、的確な判断の連続でチームの潤滑油となるプレーを見せていた。

1 2 3

新着記事

↑top