バルセロナが苦境を脱した3つの方法。セビージャの狙いを逆手に取るバリエーション豊富な戦い方とは?【分析コラム】

2022年09月04日(日)12時35分配信

シリーズ:分析コラム
text by 本田千尋 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

バルセロナ最新ニュース

ラ・リーガ第4節、セビージャ対バルセロナが現地時間3日に行われ、0-3でバルセロナが勝利した。シャビ・エルナンデスが率いるチームは、セビージャの狙いを逆手に取ってゴールを重ねた。果たして、今のバルセロナを止めることのできるチームはあるのだろうか。(文:本田千尋)


バルセロナ、3-0でも余裕の勝利ではない


【写真:Getty Images】

 チャビ・バルサが“多彩な姿”を見せた。

【今シーズンのバルセロナは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 9月4日に行われたリーガ・エスパニョーラ第4節。バルセロナは3-0のスコアでセビージャに勝利した。4-0でバジャドリードを粉砕した前節に続く大勝で、熱気あふれるエスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンの観衆を黙らせた。

 もっとも、試合終了の笛が鳴った時のスコアは3-0だったとはいえ、シャビ・エルナンデス監督が率いるカタルーニャのチームが、フレン・ロペテギ監督が率いるセビリアのチームに対して余裕で勝利を収めたわけではなかった。

 中盤が逆三角形の[4-3-3]の布陣のバルセロナに対し、セビージャは中盤がダイヤモンドの[4-4-2]で挑んできた。バルサがボールを持っているとき、特にGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンからビルドアップを始めるときに、セルヒオ・ブスケッツ、ペドリ、ガビの中盤の3枚に対して、トップ下のイスコ、左サイドのイヴァン・ラキティッチ、右サイドのジョアン・ジョルダン(場合によってはアンカーのネマニャ・グデリ)の3枚を当ててフタをしてきたのである。

 開始間もない3分の場面で、苦戦の“兆し”は現れていた。

1 2 3 4

新着記事

↑top