本田千尋

ドイツ在住。フリーランスのサッカーライター

ドルトムント

EL仕様のドルトは打ち合い上等! ドイツ代表トリオと新エースの融合が生む破壊力

ボルシア・ドルトムントは22日、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦の第2戦でアタランタと対戦する。ホームでの第1戦は3-2と勝利したBVBだが、第2戦はマヌエル・アカンジ、ユリアン・ヴァイグルの両者が出場できないため、守備には若干の不安が残る。香川真司が欠場となるなか、攻撃陣の躍動がカギを握ることになりそうだ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ボルシア・ドルトムント

香川不在のドルト。苦しんで掴んだ「勝ち点3」、劣悪なピッチでみせた“ドイツ代表トリオ”の技術力

18日に行われたブンデスリーガ第23節ボルシアMG対ボルシア・ドルトムントの一戦は1-0でアウェイチームが勝利した。香川真司が不在の中、劣悪なピッチ状態に苦しめられたドルトムントだったが“ドイツ代表トリオ”を中心に何とか勝利をもぎ取り、公式戦4連勝としている。中3日で行われるELに向けて大きな励みになった。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

20180218_kagawa2_getty

香川真司不在も「無敗」で前進続けるドルト。復活目前の独代表2人が攻撃を活性化

ボルシア・ドルトムントは現地時間18日、ブンデスリーガ第23節でボルシアMGと対戦する。香川真司は引き続き不在となる見通しだが、新エース・バチュアイとともに、チームの攻撃は活気づき始めているところだ。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

180216_bvb_getty

香川不在のドルト、土壇場で逆転勝利。流れを引き寄せた指揮官の“英断”

ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグが現地時間15日に行われ、ドルトムントはアタランタBCと対戦した。追いかける展開ながら、後半終盤に逆転に成功。香川真司が負傷欠場する中での劇的勝利には、指揮官のある英断があった。(取材・文:本田千尋)

香川真司

香川真司が背負うドルトムントの希望。ELアタランタ戦欠場濃厚、今こそ問われる総合力

ボルシア・ドルトムントは現地時間15日、ヨーロッパリーグの決勝トーナメント1回戦1stレグでアタランタと対戦する。チャンピオンズリーグやDFBポカールで敗退してしまい、リーグ戦もバイエルン・ミュンヘンが独走状態。そのため残されたタイトルにかけるドルトムントの意気込みは強い。だが、香川真司には先週末のリーグ戦で負った怪我の影響が残っているようだ。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

香川真司

指揮官からの信頼厚い香川真司。不安定なチームで安定感発揮し7戦連続先発へ

ボルシア・ドルトムントは、現地時間10日に行われるブンデスリーガ第22節の試合でハンブルガーSVをホームに迎える。“スピードスター”マルコ・ロイスの復帰も期待されるが、修正すべき問題点は守備面にある。一方、ペーター・シュテーガー監督からの厚い信頼を得ているMF香川真司の7試合連続先発にも期待がかかる。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

香川真司

香川真司とホットライン開通も。ドルトムントの新エースがもたらした自信と希望

勝ち切れない戦いが続いていたボルシア・ドルトムントに救世主が現れたか。ピエール=エメリク・オーバメヤンが去りし後、チェルシーからやってきたばかりのミチ・バチュアイが、いきなり2ゴール1アシストを記録して実力を証明して見せた。香川真司も新エース加入の効果を実感している。(取材・文:本田千尋【ケルン】)

香川真司

香川真司、3戦連続弾へ視界良好。新エース迎えたドルト、再出発へ向け重要な一戦に

現地時間2日にブンデスリーガ第21節ケルン対ボルシア・ドルトムントが行われる。この試合で注目を集めるのがドルトムントの新エースとして迎え入れられたミチ・バチュアイだ。指揮官はさっそく新エースの起用を示唆しており、チームになるべく早くフィットしたいところである。また香川真司も先発濃厚であり、3戦連続ゴールへ向け準備は整っている。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

香川真司

香川真司、芸術ボレー弾も気の緩みを嘆く。ドルトが取り戻したはずの「基本原則」は何処へ

ボルシア・ドルトムントの香川真司は27日、フライブルク戦で見事なボレーシュートを決めた。しかし、得点の喜びよりも獲るべきだった勝ち点2を失ったショックが大きいようだ。3戦連続のドローでは無理もない。(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

20180125_kagawa2_getty

香川真司、6戦連続先発へ。監督が渦中のエース起用示唆、決定力改善なるか

ボルシア・ドルトムントは27日、フライブルクと対戦する。香川真司はすっかり先発に定着したが、1月の2試合は勝利がない。この「踏ん張りどころ」でエースが出てくるのか。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

ヘルタ・ベルリンからフォルトゥナ・デュッセルドルフへの期限付き移籍が決まった原口元気

原口元気、2部移籍にまつわる思惑。W杯出場への危機感、”見本市”経た売却目論むヘルタ

ヘルタ・ベルリンは23日、原口元気の契約延長とフォルトゥナ・デュッセルドルフへの期限付き移籍を発表した。期間は18年6月30日までの半年間。出場機会を失っていた原口だが、新天地での活躍はW杯出場に直結するだろう。そしてそれは、ヘルタにとっても好都合だという。今回の移籍に隠されたクラブ側の思惑とは。(文:本田千尋【ドイツ】)

香川真司

香川真司に訪れた我慢の時。エース去就不透明で「怖さ不足」表面化

19日のブンデスリーガ第19節でヘルタ・ベルリンと対戦したボルシア・ドルトムントは、香川真司のゴールが決まったものの、1-1の引き分けどまりだった。前節同様、ゴール前にはいつもいたはずのエースがいなかった。(取材・文:本田千尋【ベルリン】)

香川真司

香川真司、5試合連続先発濃厚。エースの去就問題に揺れるドルト、真価問われる1戦に

19日に行われるブンデスリーガ第19節でドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦する。香川真司は5試合連続の先発起用が濃厚であり、何としてもチームを勝利に導きたいところだ。また、移籍の噂が絶えないエースのオーバメヤンは今節の欠場が決定。チームに影響はあるのだろうか(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

香川真司

香川真司が果たすべき役割。「アイデア不足」のドルトで問われる背番号23の持ち味

14日に行われたブンデスリーガ第18節ボルシア・ドルトムント対ボルフスブルクは0-0のドローに終わった。リーグ再開の初戦となったこの試合で香川真司は先発フル出場を果たしたものの、後半戦へ向け課題の残る一戦となってしまった。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top