本田千尋

フリーランスのサッカーライター。ドイツで香川真司を中心に数多くの選手、試合を取材・執筆した。現在は帰国し、欧州を中心にレビューコラムを執筆中。

0404Liverpool_getty

リバプールはアーセナルをどのように撃破した?「以前とは違うレベル」。復調の鍵を握る2人とは【分析コラム】

プレミアリーグ第30節、アーセナル対リバプールが現地時間3日に行われ、0-3でリバプールが勝利した。一時はリーグ戦で1勝6敗と不調に陥ったが、直近では公式戦3連勝を達成している。ユルゲン・クロップ監督に「我々は本当にゲームの主導権を握って支配した」したと言わしめるプレーには、この2人の活躍が必要だった。(文:本田千尋)

マルティン・ウーデゴール

アーセナル、ウーデゴールの輝きは「信じられない」。3-3は自作自演…劣勢を覆した立役者はノルウェーの希望【分析コラム】

プレミアリーグ第29節、ウェストハム対アーセナルが現地時間21日に行われ、3-3のドローに終わっている。過密日程による疲労のせいか、アーセナルは緩いゲームの入りをみせ、一気に3点を失った。しかし、その後3点を奪い勝ち点1を拾うことができている。立役者は、ノルウェーの希望だった。(文:本田千尋)

0314Zidane_getty

ジダン監督が見せた“戦術的色気”。CL直前にレアル・マドリードが試した実験の収穫は?【分析コラム】

ラ・リーガ第27節、レアル・マドリード対エルチェが現地時間13日に行われ、2-1でレアルが勝利を収めた。16日にアタランタとの試合を控えるレアルは、いつもとは異なる[3-5-2]の布陣でこの試合に臨んでいる。(文:本田千尋)

バルセロナ

バルセロナの新システム[3-5-2]はどうなのか? オサスナ戦は「ちょっと幸運」、“奇跡”のために進めた準備だとしたら…【分析コラム】

ラ・リーガ第26節、オサスナ対バルセロナが現地時間6日に行われ、0-2でアウェイチームが勝利している。ロナルド・クーマン監督はこの試合で3-5-2を採用。パリ・サンジェルマン戦に向けフォーメーションの整備を進めていた。そういった意味で、このタイミングでオサスナと当たったことはバルセロナにとって少し幸運と言えるのかもしれない。(文:本田千尋)

0301Arsenal_getty

アーセナルが「ズタズタにした左サイド」。なぜレスターに逆転勝利できたのか? アルテタ監督のえげつない作戦【分析コラム】

プレミアリーグ第26節、レスター・シティ対アーセナルが現地時間2月28日に行われ、1-3でアーセナルが逆転勝利を収めた。アーセナルは右サイドで起用されたニコラ・ペペが躍動。ミケル・アルテタ監督の狙いはどこにあったのだろうか。(文:本田千尋)

香川真司

香川真司のプレーはどうなのか? のしかかる半年間のブランク…その中で得たわずかな収穫は【分析コラム】

ギリシャ・スーパーリーグ第24節、アステラス・トリポリス対PAOKテッサロニキが現地時間27日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。日本代表MFの香川真司はベンチスタートとなったが、63分から出番を得ている。しかし、違いを創ることはできなかった。その理由は。(文:本田千尋)

0222Kagawa_getty

香川真司らしさが戻ってきた。鮮やかなターンと絶妙なパス、短い出場時間で感じさせた初ゴールの可能性【分析コラム】

ギリシャ・スーパーリーグ第23節、PAOKテッサロニキ対PASラミアが現地時間21日に行われ、4-0でPAOKが勝利している。香川真司は移籍後公式戦5試合連続で後半から出場。加入前は長く実践から離れていたが、ギリシャで徐々に香川らしさを取り戻している。(文:本田千尋)

0222AlexanderArnold_getty

リバプールはなぜダービーで完敗したのか? 決定的な場面で起こる“ボタンの掛け違い”を直すには…【分析コラム】

プレミアリーグ第25節、リバプール対エバートンが現地時間20日に行われ、0-2でリバプールが敗れている。マージーサイド・ダービーに敗れて4連敗を喫したリバプールは、不調に陥っている。その原因はどこにあるのだろうか。(文:本田千尋)

0216Kagawa_getty

香川真司の絶妙なパスに感じる可能性。PAOKでリーグ2戦目、早くもホットラインを形成か?【分析コラム】

ギリシャ・スーパーリーグ第22節、PAOKテッサロニキ対PASヤニナが現地時間15日に行われ、2-0でPAOKが勝利を収めた。香川真司は2点リードの83分に登場。得点に絡むことはなかったが、周囲との連係とコンディションは徐々に向上しているようだ。(文:本田千尋)

0215Arsenal_getty

アーセナルが浮き彫りにしたビエルサの弱点。アルテタはどのようにリーズのマンツーマンを崩したのか?【分析コラム】

プレミアリーグ第24節、アーセナル対リーズ・ユナイテッドが現地時間14日に行われ、4-2でアーセナルが勝利した。マンツーマン・ディフェンスを軸にプレッシングサッカーを展開するマルセロ・ビエルサ監督のチームを、ミケル・アルテタ監督は有効な対策で打ち破っている。(文:本田千尋)

0214Henderson_getty

リバプールはなぜ崩壊した? 些細なきっかけで揺らぐプレミアリーグ王者のメンタリティ【分析コラム】

プレミアリーグ第24節、レスター・シティ対リバプールが現地時間13日に行われ、3-1でレスターが勝利した。リバプールは先制したものの、約8分間で3失点を喫し、リーグ戦3連敗を喫している。些細なきっかけから始まった連続失点によって、リバプールの守備は崩壊した。(文:本田千尋)

香川真司

香川真司は間違いなくPAOKの中心になる。リーグデビュー戦で見えた役割、抜きん出ていたスキルとは【分析コラム】

ギリシャ・スーパーリーグ第21節、PAOKテッサロニキ対アポロン・スミルニが現地時間7日に行われ、2-2のドローに終わっている。今冬PAOKに加入した香川真司はこの試合でギリシャリーグデビュー。約30分間プレーした。その中で見えてきた役割とは?(文:本田千尋)

0207Arteta_getty

アーセナルはヴェンゲルとグアルディオラの混血? ミケル・アルテタが見せた興味深い「リアクション」【分析コラム】

プレミアリーグ第23節、アストン・ヴィラ対アーセナルが現地時間6日に行われ、1-0でアストン・ヴィラが勝利した。昨年末以降、好調を維持してきたアーセナルだが、アストン・ヴィラの固い守備を崩せず。この試合で見せたミケル・アルテタの采配は、かつての恩師・アーセン・ヴェンゲルと、マンチェスター・シティで仕えたペップ・グアルディオラのエッセンスを感じさせた。(文:本田千尋)

0201Klopp_getty

あんな地獄は二度と御免。苦しむリバプールにクロップが与える変化とウェスト・ハム戦で見せた工夫【分析コラム】

プレミアリーグ第21節、ウェスト・ハム対リバプールが現地時間1月31日に行われ、1-3でリバプールが勝利している。センターバックに負傷が相次ぎ、1月は得点力不足にも悩まされたが、前節のトッテナム戦に続いて3得点を挙げて連勝。今季のリバプールはユルゲン・クロップ監督がドルトムントを最後に指揮したシーズンと似ているが、クロップは現状を打破しようとチームに変化を加えている。(文:本田千尋)

新着記事

↑top