バルセロナに垣間見えた“戸惑い”。開幕戦不発の原因は? レバンドフスキの起用が持つ“博打”の側面【分析コラム】

2022年08月14日(日)12時39分配信

シリーズ:分析コラム
text by 本田千尋 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

バルセロナ最新ニュース

リーガ・エスパニョーラ開幕節、バルセロナ対ラージョ・バジェカーノが現地時間13日に行われ、0-0のスコアレスドローに終わった。ロベルト・レバンドフスキ、ハフィーニャら新戦力を迎え入れたバルセロナは、なぜ無得点で試合を終えてしまったのか。(文:本田千尋)


3人の新戦力を先発起用したバルセロナ


【写真:Getty Images】

 ちょっとした“博打”なのだろうか。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 リーガ・エスパニョーラ22/23シーズンの開幕戦。満員の観衆と熱気が戻ったカンプ・ノウで、FCバルセロナはラージョ・バジェカーノを相手にスコアレスのドローに終えた。

 マドリードからやってきた“アウトサイダー”を迎えた一戦で、チャビ・エルナンデス監督はバルセロナの代名詞とでも呼ぶべき[4-3-3]の布陣を選択。昨季から続くセルヒオ・ブスケッツ、ガビ、ペドリの中盤を軸に、DFラインには左SBジョルディ・アルバ、CBエリック・ガルシア、右SBにアラウホが並び、加えてCBにアンドレアス・クリステンセン、右WGはハフィーニャ、そしてワントップにロベルト・レバンドフスキの3人の新戦力が先発に名を連ねた。なお、左WGは“問題児”デンべレである。

 結論から先に書くと、この開幕戦の時点では、今夏加わった“新戦力の融合”がまだまだ進んでいないようだった。CBに入ったクリステンセンは守備面で穴を空けることはなかったが、攻撃面に目を向けると、先発したハフィーニャ、レバンドフスキ、そして72分から途中出場したフランク・ケシエは、ラージョ戦でインパクトを残すことはできなかった。

 特にポーランド代表FWは、絶対的なCFとして君臨したバイエルン時代のパフォーマンスからは程遠く、まるでそっくりのいとこか誰かがプレーしているようで、同じレバンドフスキとは思えなかったほどだ。

 もちろん“不発”の要因は、それぞれの新戦力の個人能力の問題ではないだろう。

1 2 3 4

新着記事

↑top