背番号16がバルセロナを蘇らせた! 恐るべし19歳の真髄、劇的勝利のターニングポイントとは?【分析コラム】

2022年04月11日(月)12時37分配信

シリーズ:分析コラム
text by 本田千尋 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

バルセロナ最新ニュース

ラ・リーガ第30節、レバンテ対バルセロナが現地時間10日に行われ、2-3でアウェイチームが勝利している。3度もPKを献上するなどギリギリの戦いを強いられたが、なぜ勝ち切ることができたのだろうか。(文:本田千尋)


単発な攻撃が目立った前半

バルセロナ
【写真:Getty Images】

“ライン間”を制する者がゲームを制す――。

【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 現地時間10日に行われたラ・リーガ第30節。バルセロナは敵地でレバンテに勝利したが、スコアは3-2。辛勝だった。

 3日前のヨーロッパリーグ(EL)でドイツに遠征したことによる疲労を考慮されたのか、7日のフランクフルト戦で先発したペドリとガビはベンチスタート。その2選手に代わって、フレンキー・デ・ヨングとニコ・ゴンザレスがインサイドで先発した。

 前半は膠着状態に陥った。対するレバンテは[5-3-2]の形でブロックを構築。それも自陣に立て籠もるだけではない。強度が高いのはもちろんのこと、バルサの選手たちがボールを後ろに戻していくと、その分レバンテ側も全体を押し上げてプレッシャーを掛けてくるなど、柔軟性も兼ね備えた守備組織だった。

 その特徴的な[5-3-2]に対して、バルサの選手たちは、なかなか決定機を作り出すことができない。もちろんバルサ側も陣形はコンパクトに保ち、攻→守の切り替えは速かった。だが、20分のようにパスがズレる場面もあり、前線でコンビネーションを伴った攻撃を仕掛けることができなかった。

 22分には、前に出てきたレバンテの逆を突くような形で、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが一発のキックで裏を狙う。そのボールを受け取ったフェラン・トーレスがボックス内に入ってシュートを打つが、弾道は敵のGKの正面。バルサの攻撃は単発的なものが目立ち、結局、無得点で前半を折り返すことになった。

1 2 3

新着記事

↑top