アーセナルが獲得狙う“ネクスト・モドリッチ”。フランスで活躍するMFマイェルとは何者?

2022年09月25日(日)16時45分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

アーセナル 最新ニュース


【写真:Getty Images】



レンヌのMFロヴロ・マイェルを狙う?

 アーセナルは、“ネクスト・モドリッチ”とも呼ばれるクロアチア代表選手の獲得を視野に入れスカウトを派遣しているという。レンヌのMFロヴロ・マイェルに対する関心が報じられている。



【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】

 夏の移籍市場では最終日にアストン・ヴィラのブラジル代表MFドウグラス・ルイスの獲得を試みて失敗に終わったアーセナル。引き続き中盤を補強ポイントのひとつとしており、ルイスの獲得に再び挑戦する可能性や、フランクフルトのデンマーク代表MFイェスパー・リンドストロムに対する関心なども噂となっている。

 新たな新戦力候補として浮上してきたのは、フランスのレンヌに所属する24歳のマイェル。プレースタイルが似ていることなどから、レアル・マドリードに所属する同じクロアチア代表のルカ・モドリッチの後継者候補とも目される存在となっている。

 母国のディナモ・ザグレブで主力として活躍したあと、昨年夏にレンヌへ移籍すると、リーグアン1年目から29試合に出場して6得点8アシストを記録するなど活躍。クロアチア代表にも定着し、これまで9試合に出場して3得点を記録している。

 報道によればアーセナルは、22日に行われたUEFAネーションズリーグのクロアチア代表対デンマーク代表戦にもマイェルを視察するためのスカウトを派遣していたという。この試合で同選手は交代出場から決勝ゴールを挙げてクロアチアを勝利に導いた。

 報道によればマイェルにはアーセナルのほか、レアル・マドリードとバルセロナなども関心を示しているとのこと。だが急速に評価を高めることで移籍金も高騰し、現時点で4400万ポンド(約68億5000円)が必要になるとも見込まれている。

【了】

新着記事

↑top