レアル・マドリード最新ニュース


【写真:Getty Images】



来夏の争奪戦見込まれるベリンガム

 多くのビッグクラブが獲得を検討しているとみられるボルシア・ドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガムは、来季どこでプレーすることになるのだろうか。プレミアリーグへの移籍か、あるいはレアル・マドリードへ移籍するのかについて、二つの相反する見通しが伝えられている。



【今シーズンのレアル・マドリードは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】

 まだ19歳ながらもドルトムントで主力として活躍し、イングランド代表としてもカタールワールドカップ出場が見込まれるベリンガム。イングランドやスペインなどから多くのクラブが獲得への関心を示し、来年夏には激しい争奪戦が繰り広げられることになると予想されている。

 スペインメディア『Relevo』は24日付で、マドリーがベリンガムの獲得に向けて優位に立っている状況だと報道。ベリンガムは来夏にドルトムントを離れることを考えており、マドリーへの移籍を最優先に希望していると伝えた。

 一方でドイツのレジェンドであるローター・マテウス氏は、ベリンガムは母国に復帰することになるという見通しを示した。「彼は今季を終えたあと莫大な移籍金でプレミアリーグのクラブと契約することになるだろう」とドイツ『スカイ』に語っている。

 プレミアリーグからはリバプールやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどがベリンガムの獲得を争うクラブとして予想されている。英国メディアによれば移籍金は1億3000万ユーロ(約220億円)に達するとも予想されており、どのクラブへ移籍するとしても巨額の取引となることは間違いなさそうだ。

【了】

新着記事

↑top