手放しで喜べないアーセナルの大勝。2つの不安要素と沈黙が続く男の存在とは?【分析コラム】

2022年10月31日(月)9時40分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

アーセナル 最新ニュース

プレミアリーグ第14節、アーセナル対ノッティンガム・フォレストが現地時間30日に行われ、5-0でホームチームが勝利している。アーセナルは直近の5試合で複数得点なしと調子が下降気味だったが、その悪い流れを断ち切ったという意味では貴重な勝利となった。しかし、手放しに勝利を喜べるわけではない。その理由とは?(文:安洋一郎)


アーセナル、6試合ぶりの複数得点で快勝


【写真:Getty Images】

 開幕11試合連続の複数得点から一転、アーセナルは5試合連続で1ゴール以下と明らかに調子を落としていた。ミッドウィークに開催されたPSVとのUEFAヨーロッパリーグ(EL)では、ついに今季初の無得点に終わり、内容も0-2のスコア以上での完敗と不穏な空気が流れていた。

【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】


 そういった意味では前節終了時点でプレミアリーグの首位に立っていたアーセナルからすると、最下位のノッティンガム・フォレストとの対戦となった今節は、悪い流れを断ち切るにはうってつけの一戦だった。

 5分にブカヨ・サカのクロスにガブリエウ・マルティネッリがヘディングで合わせて先制をすると、5試合連続で得点がなかった苦手な後半に4ゴールを追加して5-0と突き放した。守備でもガブリエウ・マガリャンイスの致命的なミスからシュートを許した場面もあったが、ボックス内にすらあまり侵入させない安定した守りでクリーンシートを記録した。

 これだけの事実を並べると「最高の勝利」だったと言いたいところだが、所々で不安要素が散見されている。

1 2 3 4

新着記事

↑top