スコア以上の「差」があった。なぜアーセナルはチェルシーを圧倒できたのか?【分析コラム】

2022年11月07日(月)11時22分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

アーセナル 最新ニュース

プレミアリーグ第15節、チェルシー対アーセナルが現地時間6日に行われ、0-1でアウェイチームが勝利している。スコア的には両チームの差はないが、内容を見るとアーセナルの圧勝。チェルシーに全くと言って良いほど攻撃の形を作らせなかった。その理由とは?(文:安洋一郎)


アーセナル、内容でもチェルシーに完勝

【写真:Getty Images】

 スタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー対アーセナルのダービーマッチ。勝利したのはアウェイのアーセナルだった。

【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】

 試合のスコアは0-1と1点差であり、その1点もセットプレーによるものと、この試合を映像で観ていない人からすると両チームの差はあまり感じられないかもしれない。しかし、実際の試合内容はアウェイのアーセナルが圧倒していた。

 特にこの試合で顕著だったのがチェルシーの攻撃陣の不発ぶりだ。昨季途中までアーセナルで主将を務めたピエール=エメリク・オーバメヤンにも注目が集まった一戦だったが、チェルシーは試合を通じてわずか5本のシュートに留まった。
 
 これは単なる決定力不足ではなく、「シュートチャンスが得点に結びつく見込み」の指標であるゴール期待値がわずか「0.24」だったことからもわかるように、チャンスそのものを作ることができなかった。

 これを逆に捉えればアーセナルの守備が機能していたということになる。アウェイチームはどのようにしてチェルシーの攻撃を無効化させたのだろうか。

1 2 3 4

新着記事

↑top