激戦! カタールW杯戦力値ランキング17~24位。出場国の戦力を分析。サッカー日本代表は…

2022年11月22日(火)6時00分配信

シリーズ:カタールワールドカップ戦力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

FIFAワールドカップカタール2022 最新ニュース

 4年に1度の祭典、FIFAワールドカップカタール2022が開幕した。初の中東開催となったカタールW杯で優勝に輝くのはどのチームなのか。これまでの戦いを分析した上で、今大会の出場メンバーを反映した戦力を、4項目(攻撃・守備・選手層・勝負強さ)に分類して数値化。ランキング形式で紹介する。(情報は11月20日時点)


カメルーン代表


【写真:Getty Images】

戦力値ランキング:24位
監督:リゴベル・ソング
予選成績:5勝1敗
FIFAランキング:43位
戦力値:64(攻撃16/守備16/選手層15/勝負強さ18)


【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 カメルーン代表は劇的な展開で2大会ぶりのワールドカップ出場を勝ち取った。アルジェリア代表との最終予選は2戦合計スコア1-1で延長戦に突入。延長後半に失点したが、アディショナルタイムにカール・トコ・エカンビのゴールで大舞台への切符を掴んでいる。「不屈のライオン」という愛称の通り、諦めない姿勢が生んだ奇跡だった。

 今年3月に就任したリゴベル・ソング監督は同国代表のレジェンド。組織的なディフェンスを敷く現代的なサッカーをカメルーン代表に根付かせている。

 ナポリで活躍するアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサが中盤に鎮座し、攻守両面で重要なタスクを担う。カール・トコ・エカンビら突破力に長けたウイングと、好調のエリック・マキシム・チュポ=モティングと主将のヴァンサン・アブバカルによる2トップでゴールに迫る。守備陣は脆さが垣間見えるが、GKアンドレ・オナナが最後尾から幾度となくチームを助けている。

 アフリカでも屈指の戦力と、組織された戦術を持つ。しかし、本大会で待ち受けているのは堅守のスイス代表と破壊力のあるセルビア代表、そしてブラジル代表。決して簡単な試合にならないことは承知の上で、忍耐強く戦わなければならない。

1 2 3 4 5 6 7 8

新着記事

↑top