アーセナルがマンUよりも優れていたのは? 冨安健洋の最低評価は妥当なのか【分析コラム】

2023年01月23日(月)11時39分配信

text by 小澤祐作 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

アーセナル 最新ニュース

プレミアリーグ第21節、アーセナル対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間22日に行われ、3-2でホームチームが勝利した。アーセナルにとっては大きな勝利となったが、果たしてどこでユナイテッドを上回ったのか。そして、サッカー日本代表DF冨安健洋のプレーはどうだったのか。(文:小澤祐作)


最後の最後で抜け出したアーセナル


【写真:Getty Images】

 一瞬たりとも目が離せない、最高の90分間となった。

【アーセナル参戦のヨーロッパリーグを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】


 ホームにマンチェスター・ユナイテッドを迎えた首位アーセナルは非常に良い試合への入りをみせたが、先手を取られてしまう。17分、好調のマーカス・ラッシュフォードに強烈なシュートを打たれ、ゴールネットを揺らされた。

 17分の時点でアーセナルのシュート数は4本。対するユナイテッドはこれがファーストシュートだった。まさにワンチャンスを仕留められた形で、アーセナルにとってショックが大きい失点だったことは間違いない。

 しかし、アーセナルのイレブンは自分たちのやるべきことを見失わず、相手を叩き続けた。すると先制点献上からわずか7分後にエディ・エンケティアが同点ゴールを奪取。これでスタジアムの盛り上がりもより一層増すと、後半開始早々にブカヨ・サカが芸術的なミドルを沈め、スコアをひっくり返してみせた。

 ただユナイテッドも黙っているわけではない。59分、セットプレーの流れからリサンドロ・マルティネスがゴール。スコアはまたしても振り出しに戻った。

 昨季までのアーセナルであれば、このまま勝ち点1で終わっていたかもしれない。しかし、それはあくまで“昨季まで”の話。今季のアーセナルは一味違った。90分、ゴール前の混戦から最後はエンケティアがプッシュ。スコアは3-2となり、そのままタイムアップを迎えることになった。

 ここまで簡潔に試合を振り返ってきたが、どちらに勝ち点3が転がってもおかしくはない展開だったと言っていい。最後はアーセナルが抜け出す形となったが、ユナイテッドの意地も称賛に値するものだった。

 では、勝敗を分けた主なポイントは、どこにあったのだろうか。

1 2 3 4

新着記事

↑top