無駄遣い…。ACミラン、給料が高すぎる5人。費用対効果が悪いのは?

2023年01月24日(火)7時00分配信

シリーズ:給料が高すぎる5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

ACミラン 最新ニュース

 サッカー選手を評価する指標はさまざま存在しており、そのうちの一つが「年俸」である。だが、ピッチでの働きが必ずしも年俸にあらわれるわけではない。今回はミランの選手で、現在のサラリーに見合わない選手をピックアップして紹介する。(年俸は『Calcio e Finanza』、リーグ戦成績は『transfermarkt』を参照)


FW:アンテ・レビッチ


【写真:Getty Images】

生年月日:1993年9月21日
年俸:350万ユーロ(約4.2億円)
今季リーグ戦成績:10試合3得点2アシスト


【ミラン参戦の欧州CLを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】

 2019年夏にミランに加入したアンテ・レビッチは、ここまでセリエAで87試合に出場し、27得点14アシストの結果を残している。だが、現在の年俸は高すぎる印象だ。

 今季リーグ戦に10試合出場して3得点2アシストを記録しているレビッチ。これをみれば十分な戦力になっているが、ケガがちなのが痛い。実際、ここまでの出場時間は424分で、セリエAでは4回しか先発していない。

 レビッチはセンターフォワードでも左ウイングでも起用できることに大きな価値がある。ただ、そこにはオリヴィエ・ジルーとラファエル・レオンという2人の主力がいる状況だ。だからこそ、レビッチで負担を軽減したいところだが、コンディション不良の時期が長いため、その役割を果たしているとは言いがたい。

 加入後2シーズンは2ケタ得点を達成しているレビッチ。能力があることは確かだとしても、離脱が多いことでコストパフォーマンスは下がっている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top