ACミランが育てた最高傑作5人(4)黄金期の名DF!マルディーニと共にチームを支えた男とは?

2023年02月28日(火)10時30分配信

シリーズ:アカデミーの最高傑作5人
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

ACミラン 最新ニュース

 セリエAを19度制覇(歴代2位タイ)し、 UEFAチャンピオンズリーグ(UEFAチャンピオンズカップを含む)をレアル・マドリードに次ぐ7度制覇するなど、ACミランはイタリアを代表する名門としてその地位を確立している。こうした長い歴史においてアカデミー出身の選手がクラブに与えた影響は大きく、これまでにも多くのクラブ生え抜きの選手がチームの主軸を担う存在へと成長している。今回は、21世紀以降に在籍した選手の中から厳選したアカデミー出身の最高傑作を紹介する。(在籍期間、通算成績は『transfermarkt』を参考。出場成績は2023年2月26日時点)。


DF:アレッサンドロ・コスタクルタ(元イタリア代表)

20220228_コスタクルタ_getty
【写真:Getty Images】

生年月日:1966年4月24日
在籍期間:1985年7月~2007年7月
通算成績:663試合3得点6アシスト


【今シーズンのACミランはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 抜群のポジショニングとカバーリングで長きに渡ってミランの最終ラインを支え、黄金期を迎えた90年代のACミランに数々のタイトルをもたらした名DFがアレッサンドロ・コスタクルタだ。トップチームデビューを飾って以降、セリエBのモンツァへと移籍していた1986/87シーズン以外の20年間をミランで過ごしている。通算693試合出場はパオロ・マルディーニ、フランコ・バレージに次ぐ歴代3位の記録だ。

 1987/88シーズンにローン先から復帰を果たすと、22歳で迎えた1988/99シーズンにレギュラーに定着。同じミランユース出身であるパオロ・マルディーニやフランコ・バレージらと強固なディフェンスラインを築き、1991/92シーズンからのセリエA3連覇や1993/94シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ/CL)優勝などのタイトル獲得に貢献した。

 2000年代になると怪我や年齢的な問題で徐々に出場機会を減らしたが、マルディーニ不在時はゲームキャプテンを務めるなど、クラブ最古参の1人としてチームを支えた。現役ラストイヤーとなった2007/08シーズンはセリエAで3試合の出場に留まったが、引退試合のウディネーゼ戦でPKからゴールを記録。1991/92シーズン以来、15年ぶりとなるゴールを決めて有終の美を飾った。

【関連記事】
ACミランが育てた最高傑作5人 全選手紹介
ACミランが育てた最高傑作5人(2)
ACミランが育てた最高傑作5人(5)
【了】

新着記事

↑top