フットボールチャンネル

フォーカス 1か月前

最悪の無駄遣い…。バルセロナの歴代“不良債権”ワーストイレブン。大外れだったのは…?

シリーズ:不良債権ワーストイレブン text by 編集部 photo by Getty Images

DMF:アレクサンドル・ソング(元カメルーン代表)

バルセロナに所属していた元カメルーン代表MFアレクサンドル・ソング
【写真:Getty Images】


生年月日:1987年9月9日
在籍期間:2012年夏〜2016年夏
移籍金:1900万ユーロ(約26.6億円)
通算成績:65試合1得点2アシスト

 名将アーセン・ヴェンゲル率いるアーセナルでレギュラーとして活躍していたアレクサンドル・ソングは、2012年夏に1900万ユーロ(約26.6億円)の移籍金でバルセロナに加入している。クラブは当初、アスレティック・ビルバオに所属していたハビ・マルティネスの獲得を目指していたが、高額な移籍金が障壁となり断念。その代わりという形で、ソングにスポットライトが当たった格好だ。

 しかし、すでに完成されていたバルセロナのスタイルに、ソングはまったくフィットできず、スペインの地ではベンチを温めることがほとんどだった。クラブとは5年契約を結んでいたが、2014/15シーズンと2015/16シーズンはウェストハムにレンタル、そして2016年にフリーでルビン・カザンに移籍しているため、稼働したのは実質2シーズン。サポーターの記憶に残ったとは言い難い。

 それでも、ソングは多くの試合に出場できなかったことはさほど気にならなかった模様。後に「バルセロナのスポーツ・ディレクターに会ったとき、あまり試合に出られないかもと言われた。僕には問題なかった。今なら億万長者になれると分かっていたからね」と高額な給料さえ受け取れれば良かったと話している。バルセロナにとっては、なんとも屈辱的な結果と言えるかもしれない。

CMF:アンドレ・ゴメス(ポルトガル代表)

バルセロナに所属していた元ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス
【写真:Getty Images】

生年月日:1993年7月30日
在籍期間:2016年夏〜2019年夏
移籍金:3700万ユーロ(約51.8億円)
通算成績:78試合3得点4アシスト

 自身2クラブ目となったバレンシアで大きく成長し、2016年のEURO(欧州選手権)ではポルトガル代表の優勝に貢献。そして同年に、宿敵レアル・マドリードとの争奪戦を繰り広げていたバルセロナにステップアップと、アンドレ・ゴメスのキャリアは順風満帆かに思えた。しかし、バルセロナ加入後、ポルトガル人MFは一気に地獄へと突き落とされることになる。

 1年目にリーグ戦30試合に出場したA・ゴメスだが、一時欧州のトレンドとなったバルサ・サッカーのスピード感に苦戦していた印象は否めず、カンプ・ノウのサポーターから厳しいブーイングを浴びせられることもあった。2年目は怪我の影響もあって出場機会を大幅に減らすなど、より苦しい状況に置かれ、2018年にはエバートンへのレンタルを決断。そのまま戻ってくることはなかった。

 バルセロナで苦戦した理由は、チームと自身のスタイルが合わなかったことだけでなく、メンタル面の問題もあっただろう。A・ゴメスは「家から出たくなかったことが、一度や二度ではなかったんだ」とバルセロナでの苦悩を明かしていた。バルセロナからバレンシアに支払われた3700万ユーロ(約51.8億円)というやや高額な移籍金は、選手にとって重荷でしかなかったのかもしれない。

CMF:フィリッペ・コウチーニョ(ブラジル代表)

バルセロナに所属していた元ブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョ
【写真:Getty Images】

生年月日:1992年6月12日
在籍期間:2018年冬〜2022年夏
移籍金:1億3500万ユーロ(約189億円)
通算成績:106試合25得点14アシスト

 2017年の夏、バルセロナは3冠達成などに貢献したネイマールをパリ・サンジェルマン(PSG)に放出。移籍金はサッカー史上最高額となる2億2200万ユーロ(約311億円)と破格だった。その後バルセロナは、ネイマール売却によって得た資金をウスマン・デンベレ、フィリッペ・コウチーニョの獲得に費やしている。しかし、後者に関しては完全なる無駄遣いだったと言わざるを得ない。

 コウチーニョは加入当初こそ活躍し、半年間でリーグ戦18試合7得点6アシストの成績を収めた。ところが、2年目に入るとエースだったリオネル・メッシとの共存に苦しんで急ブレーキ。カンプ・ノウの声援はいつからかブーイングに変わっていた。そして、早くも放出候補に名を連ねるようなったコウチーニョは、2019年夏にバイエルン・ミュンヘンへとレンタル移籍に出た。

 復帰した2020/21シーズンはロナルド・クーマン監督の元でトップ下起用がメインとなり、当初はまずまずの働きを見せたものの、大怪我によってシーズン後半戦を全休。メッシが退団した2021/22シーズンも存在感は希薄で、冬にアストン・ヴィラへとレンタル移籍した。そして昨年夏、コウチーニョはヴィラへ完全移籍。移籍金はわずか2000万ユーロ(約28億円)だった。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!