新着コラムの記事一覧

完璧に封じられたローマ戦。長友がインテルで“規格外”になるために必要なこと

完璧に封じられたローマ戦。長友がインテルで“規格外”になるために必要なこと 2013.10.07

ローマとの上位対決に敗れたインテル。組織で上回る相手を崩せず、長友佑都も封じられた。今後さらにレベルアップしていくためには、厳しい局面を打破する力を身につける必要がある。

疑惑の判定がなくなることはないが――。日本サッカーの審判レベルは進歩しているのか?

疑惑の判定がなくなることはないが――。日本サッカーの審判レベルは進歩しているのか? 2013.10.07

サッカーファンならば誰もが一度は審判へ文句を言ったことがあるだろう。ジャッジ一つで試合の流れは変わり、誤審もある。では、Jリーグの場合はどうだろう。時に監督や選手から「進歩していない」などと言われることもあるが、果たして本当だろうか?

20131006_diego

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。なぜレオンは“B代表以下のセレソン”でコンフェデを戦ったのか? 2013.10.06

監督として申し分ない実力を持つエメルソン・レオン。ロビーニョやジエゴを抜擢するなど目も確かだった。しかし、セレソン監督としては結果を残せなかった。彼が臨み、解任のきっかけとなったコンフェデでのセレソンは実に奇妙なメンバー構成だったのだ。

20131006_moi

ヤヌザイの2点でマンUが勝利。ライバルの活躍は香川にとって逆風になるのか? 2013.10.06

5日に行われたプレミアリーグでマンチェスター・ユナイテッドはサンダーランドに2-1で逆転勝ちした。内容的にはまだ満足出来るものではないが、新星ヤヌザイの活躍はチームにとって嬉しいニュースだ。そうなると気になるのは香川。ポジションを争うライバルの活躍で香川の位置づけは変わるのか?

【新刊情報】今月発売のサッカー新刊情報

韓国代表コーチの提言。W杯抽選会にフィジカルコーチが同行すべき理由 2013.10.06

W杯は総力戦だ。すべての面で入念な準備をしなくてはならない。コンディション調整もその一つ。韓国代表でフィジカルコーチを務める池田誠剛氏は、12月のW杯本大会抽選にもフィジカルコーチが同行すべきと説く。その理由とは?

20131005_jle

過密日程に苦しめられるACL組。アジア制覇のために足りないJリーグのバックアップ体制 2013.10.06

ACLは過酷な大会だ。海外への長距離移動、リーグ戦との併用による過密日程、金に糸目をつけないクラブとの戦い。Jクラブは年々、結果を出しにくくなっている。クラブ単体での努力にも限界はある。リーグとしてのバックアップ体制は果たして万全だろうか。

200131005_kakitani

真価を問われる欧州遠征。柿谷曜一朗はザックジャパンのエースになれるか? 2013.10.06

欧州遠征に向けてザックジャパンのメンバーが発表された。東アジア杯で頭角を現し、今回の遠征でも選出された選手たちにとっては、アウェーで実力のある相手に対して実力を試すいい機会となる。

「中村俊輔は睡眠薬を使用してでも調整した」韓国代表コーチが提言する、代表で結果を出すための高い意識

「中村俊輔は睡眠薬を使用してでも調整した」韓国代表コーチが提言する、代表で結果を出すための高い意識 2013.10.05

代表チームで難しいのは、コンディションのバラつきを調整することだ。クラブでの出場機会は選手によって異なる。最高のパフォーマンスを出すために何をすべきなのか。韓国代表でフィジカルコーチを務める池田誠剛氏が提言する。

【緊急対談】2ステージ制から考える。今論ずべきJリーグの問題点とは?(その4)

【緊急対談】2ステージ制から考える。今論ずべきJリーグの問題点とは?(その4) 2013.10.05

Jリーグが2ステージ制への移行を発表し、さまざまな議論を呼んでいる。サポーターからは多く2ステージ制への反対意見が聞かれているが、一体何が問題なのか? そして大会方式変更の前に論ずべきこととは何か? ジャーナリストの宇都宮徹壱氏が発行するメールマガジンに掲載された氏と徹マガ編集部・澤山大輔氏による対談をお届けする。

香川への評価低いモイーズ監督。序列を覆すための最も“わかりやすい”方法とは?

香川への評価低いモイーズ監督。序列を覆すための最も“わかりやすい”方法とは? 2013.10.05

これまでの香川真司の使われ方を見ていると、モイーズ監督は香川を評価していないようだ。出場すればパフォーマンス自体は悪くはないが、継続的に起用されないのは香川のスタイルでは序列を上げることはできないのだろう。これを覆すためにはどうすればいいのか。答えはいたってシンプルだ。

新着記事

↑top