新着コラムの記事一覧

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その3)

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その3) 2014.02.04

理不尽な指導はなぜなくらないのか? なぜいつまでたっても真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透しないのか? サッカー界への貢献を果たす一方で様々な弊害やひずみも生んでいる高校サッカーの問題点を昨年末に『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(カンゼン)を上梓したスポーツライターの加部究氏とJリーガー・幸野志有人選手(FC東京)の父としても知られ、サッカー界の育成における問題を解決すべくサッカー・コンサルタントとして活動する幸野健一氏に語っていただいた。数回に渡ってお届けする。

ダービーで失点招いた軽率で“キザ”なプレー。長友に求められるキャプテンとしての責任感

ダービーで失点招いた軽率で“キザ”なプレー。長友に求められるキャプテンとしての責任感 2014.02.04

2日、ユベントス対インテルの“イタリアダービー”は3-1でインテルが苦杯を舐めた。長友佑都は先発出場し、キャプテンマークを巻いた記念すべき試合だったが、いいところなく敗戦。長友自身のミスもあり、キャプテンとしてチームを勝利に導けなかった。

20140204_kuru

恩師クルピが香川に移籍の勧め「できるだけ早くマンUから離れるべき。時間を無駄にするな」 2014.02.04

モイーズ監督になってからマンチェスター・ユナイテッドで不遇の時を過ごす香川真司。そんな香川をかつての恩師レヴィー・クルピはどう思っているのか。移籍期間も終わり、今季は残留となったが、クルピはユナイテッドから移籍することを強く提言した。

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。ネイマールの才能はいかにして磨かれたのか?(その2)

W杯前に知っておくべきブラジルフッチボール。ネイマールの才能はいかにして磨かれたのか?(その2) 2014.02.03

ブラジルからは優れた選手が山のように出てくる。競技人口も多いが、才能の取りこぼしも少ない。そしてその中からネイマールのような宝石も“発見”される。ブラジルではいかにして才能に磨きをかけるのか? ネイマールの源泉であるサントスを訪ねた。

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その2)

【特別対談】加部究&幸野健一:理不尽が横行する高校サッカーの非常識。真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透するために必要なこと(その2) 2014.02.03

理不尽な指導はなぜなくらないのか? なぜいつまでたっても真の「プレーヤーズ・ファースト」が浸透しないのか? サッカー界への貢献を果たす一方で様々な弊害やひずみも生んでいる高校サッカーの問題点を昨年末に『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(カンゼン)を上梓したスポーツライターの加部究氏とJリーガー・幸野志有人選手(FC東京)の父としても知られ、サッカー界の育成における問題を解決すべくサッカー・コンサルタントとして活動する幸野健一氏に語っていただいた。数回に渡ってお届けする。

20140203_honda1

ミラン本田、今後の活躍を左右するカルチョの国の壁。外国人選手が苦しむ強固な守備組織に対応できるか? 2014.02.03

1-1の引き分けに終わったトリノ戦。ミランの本田圭佑は終了間際までプレーしていたが、見せ場をつくれずに終わった。本田を苦しめたのが、守備の国・イタリアのタイトな守備。今後活躍するためにどう対応すべきなのか?

20140202_honda11

現地2紙がチーム最低点。「火星から来た」「右に流刑」「髪が目立つだけ」とイタリア独特の表現で本田を酷評 2014.02.02

トリノ戦から一夜明け、イタリア各紙の寸評を見ると、本田圭佑への厳しい評価が並んだ。前の試合では、当日と翌日で評価が変わったが、今回はそれもなし。カルチョの国独特の表現で、本田を寸評した。

20140202_man

泥沼の8敗目、プレミア以降最低成績のマンU。現地識者も「脆い」「4位厳しい」とCL出場権獲得を絶望視 2014.02.02

1日、ストークと対戦したマンチェスター・ユナイテッドだったが1-2で敗れた。不運もあったが現地識者はCL圏内である4位以内でのフィニッシュを絶望視している。香川真司はベンチ外となり、新加入のマタが先発するも、状況は変わっていない。泥沼の8敗目だ。

20140202_yoshida

「堅実なパフォーマンス」。公式戦3戦連続フル出場、無失点に貢献の吉田麻也に現地は高評価 2014.02.02

1日に行われたプレミアリーグ第24節で、サウサンプトンは敵地でフラムを3-0で破った。公式戦3戦連続のフル出場を果たした吉田麻也は、チームの公式戦無敗記録を6に伸ばし、リーグ戦3試合ぶりの無失点に貢献した。吉田の現地評価をお届けする。

20140202_honda1

「二流」「遅い」、トリノ戦の本田に現地の厳しい評価並ぶ。不調の要因はミランルーキーが陥る“罠”か 2014.02.02

1日に行われたミラン対トリノの一戦は1-1で引き分けた。本田圭佑は先発し、後半44分までプレー。慣れない右サイドで奮闘したが、決定的な仕事が出来ず、現地記者からは厳しい評価が並んだ。

新着記事

↑top