新着コラムの記事一覧

20130629_brazil

国歌斉唱にみるブラジルの“本気度” 2013.06.29

コンフェデのブラジルの試合を見て、なにか普通とは違うことを感じなかっただろうか? 試合前の国歌斉唱だ。伴奏が終わっても観客、選手たちもが続きを歌うのだ。それはなぜなのか? 『フットボールde国歌大合唱!』(東邦出版)の著者がその理由に迫る。

20130629_piro

ザック流3-4-3成功のヒントはアズーリにあり。イタリアの3バックはなぜスペイン戦で機能したのか? 2013.06.29

PK戦までもつれこむ激戦となったコンフェデ準決勝イタリア対スペイン。惜しくも敗れたイタリアだが、3バックが見事に機能し、スペインを苦しめた。その要因を紐解いていくとザックジャパンの3-4-3のヒントになるカギが隠されていた。

“国内組”の活躍で堅守ウルグアイを攻略。勝てるチームへと成長したブラジル

“国内組”の活躍で堅守ウルグアイを攻略。勝てるチームへと成長したブラジル 2013.06.28

26日のコンフェデ準決勝でウルグアイと対戦したブラジル。2-1と勝利したものの、ウルグアイの堅守に苦しめられた。それでもなお、勝利を得られたところに今のセレソンの強さがある。

編集長植田の「○○では読めない話」

ザック解任論その前に…忘れてならないコパ・アメリカ不参加【編集長植田の○○では読めない話】 2013.06.28

ザックジャパンがコンフェデで三連敗し、監督の解任論まで出ている。だが、忘れてならないことがある。2011年のコパ・アメリカ不参加だ。

【ロングインタビュー】カルロ・アンチェロッティ、勝者の戦術論(後編)

【ロングインタビュー】カルロ・アンチェロッティ、勝者の戦術論(後編) 2013.06.28

このたびレアル・マドリーの監督に就任することが決まったカルロ・アンチェロッティ。これまで率いてきたチームでは、柔軟にシステムを変化させ、選手の人心を巧みに掌握し、セリエA、プレミアリーグ、CL、クラブW杯など数々の功績を残してきた。欧州屈指の強豪をつくりあげてきた 手腕と戦術メソッドとはいかなるものなのか? インタビューはパリ・サンジェルマンの監督に就任した直後のものだが、彼の戦術論を十分に知ることができる。

「海外組」を巡る言説を問う 「日本人らしさ」というステレオタイプ

「海外組」を巡る言説を問う 「日本人らしさ」というステレオタイプ 2013.06.27

海外の日本人選手や日本代表について語る際、つい何気なく「日本人らしさ」という言葉を使っていないだろうか? 気鋭の社会学者がその風潮に警鐘を鳴らす。

【ロングインタビュー】カルロ・アンチェロッティ、勝者の戦術論(中編)

【ロングインタビュー】カルロ・アンチェロッティ、勝者の戦術論(中編) 2013.06.27

このたびレアル・マドリーの監督に就任することが決まったカルロ・アンチェロッティ。これまで率いてきたチームでは、柔軟にシステムを変化させ、選手の人心を巧みに掌握し、セリエA、プレミアリーグ、CL、クラブW杯など数々の功績を残してきた。欧州屈指の強豪をつくりあげてきた 手腕と戦術メソッドとはいかなるものなのか? インタビューはパリ・サンジェルマンの監督に就任した直後のものだが、彼の戦術論を十分に知ることができる。

【ロングインタビュー】カルロ・アンチェロッティ、勝者の戦術論

【ロングインタビュー】カルロ・アンチェロッティ、勝者の戦術論(前編) 2013.06.26

このたびレアル・マドリーの監督に就任することが決まったカルロ・アンチェロッティ。これまで率いてきたチームでは、柔軟にシステムを変化させ、選手の人心を巧みに掌握し、セリエA、プレミアリーグ、CL、クラブW杯など数々の功績を残してきた。欧州屈指の強豪をつくりあげてきた 手腕と戦術メソッドとはいかなるものなのか? インタビューはパリ・サンジェルマンの監督に就任した直後のものだが、彼の戦術論を十分に知ることができる。

20130626_nagatomo_yamada

長友佑都が語るW杯までの課題「個の力を高めないと世界では破られてしまう」 2013.06.26

長期離脱から驚異的な回復で復帰し、W杯予選、コンフェデとフル稼働した長友佑都。彼はコンフェデで強豪国と相まみえて、何を感じ、そしてW杯までの課題をどうとらえているのか?

20130618_nishino_mtk

【W杯までに克服すべき課題は?】西野朗が日本代表を分析「現時点でW杯での現実的な目標はベスト8」 2013.06.26

コンフェデ3試合を終えた日本代表。エキスパートはどう見たのか? J1での監督経験豊富な西野朗氏が、W杯までに日本代表が克服すべき課題を分析した。

新着記事

↑top