ケビン・デ・ブライネ

パク・イルギュ

マンC戦、マリノスはグアルディオラを本気にさせた。半年前はJ3、GKパク・イルギュが体感した世界との差

横浜F・マリノスは27日、EUROJAPAN CUP 2019でマンチェスター・シティと対戦した。シティ・フットボール・グループの中で哲学を共有する両チームの歴史的な一戦。1-3で敗れたものの、マリノスの選手たちは名将ペップ・グアルディオラの前で大いなる可能性を示した。半年前までJ3でプレーしていたGKパク・イルギュの視点で、シティと刃を交えた経験が持つ意味を考察する。(取材・文:舩木渉)

マンチェスター・シティ

なぜ、マンCはまたも敗れたのか? 狂わせたトッテナムの“自殺行為”。激戦の戦術を紐解く

マンチェスター・シティは、チャンピオンズリーグ準々決勝でトッテナムに敗れた。ジョゼップ・グアルディオラ監督のもと悲願の欧州制覇を目指したが、またもその夢はついえた。しかし、この結果はトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督による“自殺行為”とも言える采配が生んだものだった。(文:内藤秀明)

ケビン・デ・ブライネ

マンCがアーセナルに与えた特大ダメージ。首位奪還へ、デ・ブライネの復調が追い風に

現地時間3日に行われたプレミアリーグ第25節、マンチェスター・シティ対アーセナルの一戦は3-1でホームチームが勝利している。マンチェスター・Cは終始アーセナルを圧倒し、後半はシュートを1本も許さないなど完璧なゲーム運びを見せた。チームとして大きな意味のある勝ち点3獲得となったが、ケビン・デ・ブライネの復調も首位奪還への追い風となりそうだ。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top