シン・テヨン

ソン・フンミン

韓国、“死の組”で失望からの再出発。大黒柱ソン・フンミンとともに名誉回復なるか【ロシアW杯全32チーム紹介】

6月14日に開幕する2018FIFAワールドカップロシア。グループリーグの組み合わせも決定し、本大会に向けて期待感は高まるばかりだ。4年に一度開催されるサッカーの祭典には各大陸予選を勝ち抜いた32チームが参加する。フットボールチャンネルでは、その全チームを紹介していきたい。今回はグループFの韓国代表を取り上げる。(文:キム・ドンヒョン)

日韓戦は韓国代表が4-1で勝利した

韓国に轟く日韓戦完勝の歓喜。日本とは明らかな差、1979年以来38年ぶり4得点の大勝劇【韓国人記者の視点】

16日、E-1選手権最終戦で日本代表は韓国代表との試合に臨んだ。引き分け以上で日本の優勝が決まる一戦だったが、韓国がホームチームを圧倒。4-1で完勝した。日本から4得点を奪ったのは38年ぶり、1979年以来となる歴史的な一戦に、韓国メディアは沸き立っている。(文:キム・ドンヒョン)

韓国代表

日韓戦を前に韓国の世論は? E-1は関心低く地上波中継なし。だがどうしても特別な日本戦

日本で開催されているE-1選手権は12月16日に男子の最終日を迎える。現在日本が2連勝で首位、韓国が1勝1分けで2位につけており、最終戦の日韓戦が事実上の優勝決定戦となる。タイトルがかかったこの一戦を前に、韓国の世論はどうなっているのだろうか。(文:キム・ドンヒョン)

韓国はウズベキスタンと引き分け辛くもロシアW杯出場権を獲得した

韓国、薄氷のW杯予選突破。最悪の事態こそ免れるも問題は山積、本大会へ不安だらけ

9月5日(現地時間)、韓国代表は2018年ロシアW杯アジア最終予選最終戦、ウズベキスタンとのアウェイゲームに臨んだ。韓国は勝利すれば自力で本大会出場を決められる状況にあったが、結果は0-0とスコアレスドロー。同時刻に行われていた試合でシリアが引き分けたため、辛くもW杯出場権を獲得した。最悪の事態こそ免れたものの、問題は山積みの状況にある。(文:キム・ドンヒョン)

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top