ジムナスティック・タラゴナ

20180807_fa10_getty

Jクラブも獲得可能? 現在フリーの名手10人。W杯出場の日本代表GKに、あのレジェンドも【編集部フォーカス】

 ヨーロッパの新シーズンがまもなく開幕する。移籍市場も終盤に差し掛かりつつあるが、まだまだ所属先の決まっていない選手たちはたくさんいる。Jリーグの夏の移籍市場も開いており、アンドレス・イニエスタやフェルナンド・トーレスらに続く大物を迎えられる可能性も残されているのだ。今回は現時点で無所属の選手たちの中から、Jリーグクラブにもオススメの10人を紹介する。

鈴木大輔

鈴木大輔が切り開く日本人CBの新境地。スペイン2部残留へ、実りつつある努力の成果【海外組の真価~日本人選手の現在地】

これまで日本代表をけん引してきた選手たちが所属クラブで出場機会を失い、踊り場にあるように思える日本サッカー。いま改めて海外組の現在地を探っていきたい。今回取り上げるのは、ジムナスティック・タラゴナの鈴木大輔。昨季昇格争いをしていたチームは、一転して今季は残留争いを強いられている。そんな中、第27戦のサラゴサ戦では決勝点となるスペイン移籍後初ゴールで今季2度目の連勝を手繰り寄せた。欧州では日本人センターバックは通用しないというイメージを持たれがちだが、鈴木はスペイン2部でその壁を乗り越えるべく挑戦を続けている。(取材・文:舩木渉【サラゴサ】)

新着記事

↑top