テオ・エルナンデス

東京五輪サッカー注目の5人(4)。もはや“新星”ではない!? 怪物級の男たちがずらり【編集部フォーカス】

2020年は東京五輪が開催される。出場資格のある1997年1月1日以降に生まれた選手たちは、既に世界の舞台で活躍している。今回、フットボールチャンネル編集部では東京五輪に出場する可能性がある若きスター選手をピックアップしていく。

ミランは今季も苦戦必至か。若手中心に補強も期待はできず、EL出場権獲得が現実的な目標に【欧州主要クラブ補強診断(7)】

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はミランの補強を読み解く。(文:編集部)

200億円以上の値がつけられたFWも。U-21選手の市場価値、世界のトップ10【編集部フォーカス】

サッカー界では10代ながらすでに世界トップクラスの活躍を見せている選手が数多くいる。今回フットボールチャンネル編集部では、そんな若手選手にフォーカスし、移籍情報サイト「Transfermarkt」の情報をもとに、若手選手で市場価値が高い10人を紹介する。(1997年1月1日以降に生まれた選手のみの選出)

レアル、2つの戦術的実験。ダブルSB起用の反動、中盤センター・ジョレンテの気後れ【E・オルテゴの戦術眼】

3日、ラ・リーガ第3節の試合が行われ、レアル・マドリーはレバンテを相手に1-1で引き分けた。代表ウィーク後かつCL直前の試合ということもあり、メンバーを入れ替えてこの一戦に臨んだ“エル・ブランコ”。戦術分析記事で人気を博すスペイン・マルカ紙のエンリケ・オルテゴ氏は、ジダン監督率いるチームに関して、特筆すべき試みが2つあったと指摘する。(文:エンリケ・オルテゴ【スペイン/マルカ】、翻訳・構成:江間慎一郎)

新着記事

↑top