ルチアーノ・スパレッティ

インテルの長友佑都。傑出したパフォーマンスに地元ファンも大きな拍手を送った

長友佑都、出色の働き。交代時は地元ファンの大拍手。さらに高まるインテルの完成度

現地時間24日、セリエA第10節の試合が行われインテルはサンプドリアを相手に3-2で勝利。翌日に試合のあるナポリを抜いて暫定首位に浮上した。ここ最近好調の長友佑都は先発出場し84分までプレー。傑出したパフォーマンスを披露し、交代時には地元ファンからスタンディングオベーションで迎えられた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

インテルとナポリのセリエA首位決戦はスコアレスドローに。両チームとも無敗をキープした

インテルとナポリの見事な死闘。好プレーの応酬、個々でも組織でもハイレベルな首位決戦

21日、セリエA第9節の試合が行われ、ここまで8戦全勝のナポリと7勝1分のインテルが首位決戦を迎えた。双方の好調を裏付けるようにハイレベルな試合内容となったが、最後までゴールは生まれず。スコアレスドローとなったものの、試合終了後には両チームの選手たちが健闘をたたえ合う好ゲームだった。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

ダービーでハットトリックを達成したFWマウロ・イカルディ

白熱のミラノダービー制したインテル、早くも見せる高い成熟度。実に細かな戦術的駆け引き

10月15日、セリエ第8節でミラノダービーの一戦が行われ、インテルがミランに3-2で勝利した。近年は低調なゲームが多く、かつてよりも格が落ちたとも嘆かれていたダービーマッチだが、今回は一進一退、手に汗握る熱戦に。ダービーの効果か、ミランも意地を見せたものの、最終的にはスパレッティ監督のもと高い成熟度を見せる新生インテルが勝利をもぎ取った。(取材・文:神尾光臣【ミラノ】)

インテル

インテル、復権に向けた最初の一手。名将招へい&堅実補強でスタイルを明確化【欧州主要クラブ補強診断】

現地時間8月31日、欧州主要リーグの移籍市場が締切を迎えた。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はインテルの補強を読み解く。

新着記事

↑top