ルチアーノ・スパレッティ

インテルで出場機会に恵まれていないDF長友佑都

不遇のインテル長友佑都、移籍か残留か。監督の本意は? 出場機会減でW杯へ募る不安

インテルからの移籍が噂されているDF長友佑都。ロシアワールドカップを6月に控えているなかで出場機会に恵まれておらず、新天地を探すのではないかという報道も出てきた。冬の移籍市場が閉まるまで残りわずかとなったが、日本代表不動の左SBはどのような決断を下すのだろうか。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

長友不在のインテル、今季最大の苦戦も勝利に変えた“耐久力と狡猾さ”

インテルは25日に行われたセリエA第14節の試合でカリアリと対戦。今季で最も苦しい内容だったと言うべき厳しい戦いを強いられながらも3-1で勝利を収めた。ルチアーノ・スパレッティ監督のチームからは、去年までであれば負けていたような試合を勝利に変える新たな力を見て取ることができた。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

長友佑都

長友佑都、戦術的理由で出番なし。セットプレー対策で優先順位低く。新たなライバル登場

19日に行われたセリエA第13節でアタランタと対戦したインテルは2-0の完封勝利を収め、2位に浮上した。この試合でルチアーノ・スパレッティ監督はアタランタが強みとするセットプレー対策としてダビデ・サントンをSBに起用し、相手を完封。7試合ぶりに先発を外れた長友佑都にとっては、定位置を争う新たなライバルの登場といってもいいかもしれない。(取材・文:神尾光臣【イタリア】)

新着記事

↑top