海外サッカー

バルセロナ

バルセロナ、メッシ抜きでつかんだ自信。ミンゲサ、アレニャー、リキ・プッチ…若者たちが猛アピール【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第4節が現地24日に行われ、バルセロナはディナモ・キエフに4-0で大勝した。リオネル・メッシをスペインに残して望んだウクライナ遠征は、明確にローテーションを意識した選手起用で乗り切った。チャンスを与えられた“サブ組”の選手たちは燃えていた。(文:舩木渉)

1125Werner_getty

ヴェルナーを最も活かせるポジションは…。カウンターから2発、チェルシーが見つけた最適解とは?【CL分析コラム】

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループE第4節、スタッド・レンヌ対チェルシーが行われ、チェルシーが1-2で勝利した。チェルシーは公式戦6連勝で、CLでもグループ首位をキープ。カイ・ハフェルツ、ハキム・ツィエクら大型補強を施したチェルシーは開幕から最適な組み合わせを模索していたが、ティモ・ヴェルナーの左ウイング起用が最適解となりつつある。(文:本田千尋)

エディンソン・カバーニ

前回の屈辱的敗戦を経て…マンUが見せた別の顔。無得点でも世界屈指、カバーニが示した質【CL分析コラム】

チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグH組第4節、マンチェスター・ユナイテッド対イスタンブール・バシャクシェヒルが現地時間24日に行われ、4-1でホームチームが勝利している。前回対戦時は1-2で敗れたユナイテッドだが、この試合ではまったく違った姿をみせ決勝トーナメント行きを近づけた。その中で躍動したのは、この日が移籍後初スタメンだったエディンソン・カバーニだ。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top