阿部勇樹

【英国人の視点】岡崎慎司はプレミアで成功するか? 地元記者が分析する期待値と不安

【英国人の視点】岡崎慎司はプレミアで成功するか? 地元記者が分析する期待値と不安

日本代表FW岡崎慎司は、レスター・シティへの移籍を決断した。これまで何人かの日本人選手がプレミアリーグに挑戦してきたが、彼は大きな成功を収められずにいる。岡崎がレスターへ移籍する数年前、阿部勇樹は同クラブでファンから愛される存在となっていた。岡崎は阿部のようにファンから背中を押されるような活躍を見せられるだろうか。

浦和レッズ、2015補強診断。9年ぶりのリーグ制覇のカギは「新戦力のフィット」と「勝負強さ」

浦和レッズ、2015補強診断。9年ぶりのリーグ制覇のカギは「新戦力のフィット」と「勝負強さ」

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は浦和レッズを取り上げる。

フットボールチャンネルが選ぶ2014年ベスト30。赤き血を送り続ける“浦和の心臓”阿部勇樹(5位)

フットボールチャンネルが選ぶ2014年ベスト30。赤き血を送り続ける“浦和の心臓”阿部勇樹(5位)

2014年、J1で印象に残った選手は誰だろうか。フットボールチャンネルでは植田路生(同サイト編集長)、チェーザレ・ポレンギ(同サイトマネージングエディター)、森哲也(フットボール批評編集長)、川口昌寿(フットボールサミット編集長)、ほか編集部による投票を実施し、ベスト30を選出した。5位は浦和レッズの阿部勇樹が選ばれた。

8年ぶりのリーグ王座奪還へ。浦和、好調G大阪と首位決戦。満員の埼スタでシャーレを掲げるか

8年ぶりのリーグ王座奪還へ。浦和、好調G大阪と首位決戦。満員の埼スタでシャーレを掲げるか

かつて、浦和レッズとガンバ大阪の一戦はJリーグ屈指の好カードであり、『ナショナルダービー』と称されたこともあった。その後、浦和は残留争いを経験し、ガンバに至ってはJ2も経験した。紆余曲折を経た両者が今季最大の大一番を迎える。

「まだ同じレベルで戦えるわけじゃない」。小野、闘莉王、阿部、山田が語るザックジャパンの敗因

「まだ同じレベルで戦えるわけじゃない」。小野、闘莉王、阿部が語るザックジャパンの敗因

ブラジルW杯を惨敗で終えた日本代表。かつて日の丸を背負って戦った選手たちは、今大会のチームをどう見たのだろうか? その言葉には、今後の日本サッカーが成長する上で重要なことが散りばめられていた。

20140329_abe

犠牲になった4万人、浦和への処分は妥当か?「JAPANESE ONLY」より悪質なこと

先週、差別的な横断幕により無観客試合の処分を受けた浦和レッズ。果たしてこの処分は妥当なのか? 以前にはそれよりも悪質なことをしていたのではないだろうか。

新着記事

↑top