横浜F・マリノス

小池龍太

小池龍太が追いかける理想の姿。マリノス移籍までの1年、ベルギーでつかんだ新たな感覚

横浜F・マリノスに頼もしい新戦力が加入した。今季、ベルギー2部のロケレンでプレーしていた小池龍太だ。JFLからJ1までたどり着き、日本屈指のサイドバックとして欧州挑戦も果たした24歳はどんな選手なのか。ベルギーでひと皮もふた皮も剥けた昇り龍の頭の中に迫る。(取材・文:舩木渉)

天野純

天野純、マリノス復帰の背景を読む。感謝とともに帰還…クラブ経営難に翻弄されたベルギーでの1年

ベルギー2部ロケレンに期限付き移籍していた日本代表MF天野純が、横浜F・マリノスに復帰することとなった。FIFAによる特例措置が認められての登録期間外の移籍が実現することになった背景とは。欧州挑戦の1年間を振り返りながら、マリノス帰還に至った経緯を探る。(取材・文:舩木渉)

20200514_fmarinosgakkari_getty

横浜F・マリノス、歴代ガッカリ外国籍選手6人。SNS中毒で追放、4日で解雇…謎多き助っ人たちの系譜

1993年の開幕から28年目を迎えたJリーグでは、数多くの外国籍選手がプレーしてきた。活躍した選手もいる中で、期待を大きく裏切って帰っていった選手も少なくない。今回フットボールチャンネル編集部では、横浜F・マリノスで活躍できなかった外国籍選手を5人紹介する。※年齢は加入当時のもの

ドゥトラ

横浜F・マリノス、歴代最強外国籍選手5人。Jリーグ初代得点王ディアスから現役最強CBまで

1993年に開幕したJリーグは、今年で28年目を迎えた。その間、世界的なスター選手や素晴らしい素質を持った外国籍選手たちが活躍している。今回、フットボールチャンネルでは、横浜F・マリノス(横浜マリノス時代も含む)で活躍した外国籍選手を5人紹介する。

大津祐樹

マリノスが挑む6時間生配信に込められた想い。「大津動きます」から始まった壮大な企画の全貌

横浜F・マリノスは18日に「Stay Home with F・マリノス」と題したオンラインイベントを開催することを発表した。新型コロナウィルス感染拡大によってJリーグが中断を余儀なくされる中、選手からの提案で始まった壮大な企画は、いかにして短期間で練り上げられたのか。そして、6時間にもおよぶ生配信にどのようなメッセージが込められているのか。選手たちやフロントスタッフへのオンライン取材を通して、前代未聞の企画の全貌に迫った。(取材・文:舩木渉)

新着記事

↑top