オランダ

Netherlands

現代サッカーの礎となったトータルフットボールを生んだ国、オランダ。毎回優勝候補の一角に挙げられるがワールドカップ優勝経験はなく、1974年、1978、2010年の準優勝がこれまでの最高成績だ。アリエン・ロッベン、ロビン・ファン・ペルシらは30代に突入し、彼らにとって今回が最後のワールドカップになるかもしれない。大会を盛り上げる存在なのは間違いないが、それだけでは満足できない。オレンジ軍団はブラジルで世界の頂点に挑む。

注目の選手

robbenアリエン・ロッベン

アリエン・ロッベン

100m10秒台という快速で相手守備陣を切り裂く世界最高峰のアタッカー。技術レベルも高く、縦への突破も中へのカットインも自在。特に右サイドから中央へ侵入する時の切れ味は抜群で、加えてシュートの精度も高いため、対面するディフェンダーはわかっていても止めることができない。シュートを放たれたら、相手は失点を覚悟しなければならない。
robinロビン・ファン・ペルシ

ロビン・ファン・ペルシ

オランダが見せるトータルフットボールにおいて、得点という仕上げの役目を担うのがこの男。ゴール前での冷静さと決定力の高さはマンチェスター・ユナイテッドでも証明済みだ。オランダ代表の歴代最多得点記録保持者は、今大会の得点王候補のひとりだ。
nigelナイジェル・デ・ヨング

ナイジェル・デ・ヨング

アンカーの位置で相手の攻撃の目を摘む仕事人。味方にとっては心強い存在だが、ラフプレーも多くしばしば批判を浴びてきた。ビルドアップでは違う持ち味を発揮する。ピッチ中央でボールを受け、それを次の味方に繋ぐという一連の流れに間違いが少なく、チームの攻撃を円滑に進めることができる。

出場国の情報

過去成績 34年 1回戦敗退
38年 1回戦敗退
50年 不参加
54年 不参加
58年 予選敗退
62年 予選敗退
66年 予選敗退
70年 予選敗退
74年 準優勝
78年 準優勝
82年 予選敗退
86年 予選敗退
90年 ベスト16
94年 ベスト8
98年 4位
02年 予選敗退
06年 ベスト16
10年 準優勝
人口 1,679万人
首都 アムステルダム
公用語 オランダ語
面積 4.1万㎢
一人当たりGDP 46,011ドル(14位)
通貨 ユーロ

監督紹介

luisルイス・ファン・ハール

ルイス・ファン・ハール

1951年8月8日生まれオランダ出身。バルサやバイエルンといったメガクラブで監督を務めるなど、その手腕に疑いの余地はない。周囲とのトラブルが発生することも多かったが現在は丸くなり、代表チームでは父親のような存在となっている。2000年代はじめにもオランダ代表の監督を務めたが、ワールドカップ日韓大会は予選で敗退し出場は果たせなかった。今回は、自身にとってリベンジの大会でもある。

選手一覧

GK ティム・クルル TIM KRUL ニューキャッスル
GK ヤスパー・シレッセン JASPER CILLESSEN アヤックス
GK ミシェル・フォルム MICHEL VORM スウォンジー
DF ダレイ・ブリント DALEY BLIND アヤックス
DF ポール・フェルハーフ PAUL VERHAEGH アウグスブルク
DF ロン・フラール RON VLAAR アストン・ビラ
DF ヨエル・フェルトマン JOEL VELTMAN アヤックス
DF ステファン・デ・フライ STEFAN DE VRIJ フェイエノールト
DF ダリル・ヤンマート DARYL JANMAAT フェイエノールト
DF テレンス・コンゴロ TERENCE KONGOLO フェイエノールト
DF ブルーノ・マルティンス・インディ BRUNO MARTINS INDI フェイエノールト
MF ヨルディ・クラーシ JORDY CLASIE フェイエノールト
MF ウェスレイ・スナイデル WESLEY SNEIJDER ガラタサライ
MF レロイ・フェル LEROY FER ノリッジ
MF ジョナサン・デグズマン JONATHAN DE GUZMAN スウォンジー
MF ナイジェル・デヨング NIGEL DE JONG ミラン
MF ジョルジニオ・ワイナルドゥム GEORGINIO WIJNALDUM PSV
FW メンフィス・デパイ MEMPHIS DEPAY PSV
FW アリエン・ロッベン ARJEN ROBBEN バイエルン
FW ロビン・ファン・ペルシ ROBIN VAN PERSIE マンチェスター・ユナイテッド
FW イェレマイン・レンス JEREMAIN LENS ディナモ・キエフ
FW クラース=ヤン・フンテラール KLAAS-JAN HUNTELAAR シャルケ
FW ディルク・カイト DIRUK KUYT フェネルバフチェ

新着記事

FChan TV

↑top