アメリカ合衆国

usa

世界をリードするアメリカは、サッカーでも列強国の仲間入りを狙っている。サッカーは4大スポーツの影に隠れているが、着実に成長し世界に出ても戦えるレベルに到達している。運動能力の高いアスリートタイプの選手が多く、局面の争いには強い。それだけでなく、ユルゲン・クリンスマン監督就任後は中盤でのポゼッションにも取り組むなど、世界のトレンドを取り入れつつ元々ある持ち味も活かしている。強豪ひしめくグループリーグを突破し、更にその先のステージまで到達できれば、アメリカサッカーの歴史に新たなページが刻まれることとなる。

注目の選手

jozy-altdore

ジョジー・アルティドール

早くから将来を期待されてきた大型ストライカー。16歳の時にアメリカでプロデビューを果たし、2008年からヨーロッパに渡るとオランダではゴールを量産した。ランドン・ドノバンがメンバーから漏れた今大会、アルティドールの働きがアメリカの鍵を握る。

出場国の情報

過去成績 30年 ベスト4
34年 1回戦敗退
38年 参加辞退
50年 グループリーグ敗退
54年 予選敗退
58年 予選敗退
62年 予選敗退
66年 予選敗退
70年 予選敗退
74年 予選敗退
78年 予選敗退
82年 予選敗退
86年 予選敗退
90年 グループリーグ敗退
94年 ベスト16
98年 グループリーグ敗退
02年 ベスト8
06年 グループリーグ敗退
10年 ベスト16
人口 3億875万人
首都 ワシントンD.C.
公用語 英語
面積 963万㎢
一人当たりGDP 51,703ドル(10位)
通貨 ドル

監督紹介

ユルゲン・クリンスマン

ユルゲン・クリンスマン

1964年7月30日生まれドイツ出身。選手・監督としてワールドカップで結果を出してきたクリンスマンが、アメリカ代表監督として世界最高の舞台に戻ってきた。2006年大会でドイツの監督だったクリンスマンは、アメリカ式のトレーニング法を導入していた。そして今回、指揮官はアメリカを率いて結果を残そうとしている。ドイツと同じグループに入り、母国相手にどのような戦いを見せるかも注目だ。

選手一覧

GK ブラッド・グザン BRAD GUZAN アストン・ビラ
GK ティム・ハワード TIM HOWARD エバートン
GK ニック・リマンド NICK RIMANDO ソルトレイク
DF マット・ベスラー MATT BESLER カンザス
DF ジョン・アンソニー・ブルックス JOHN ANTHONY BROOKS ヘルタ・ベルリン
DF ジェフ・キャメロン GEOFF CAMERON ストーク
DF オマール・ゴンサレス OMAR GONZALEZ LAギャラクシー
DF ティモシー・チャンドラー TIMOTHY CHANDLER ニュルンベルク
DF デアンドレ・イェドリン DEANDRE YEDLIN シアトル・サウンダーズ
DF ファビアン・ジョンソン FABIAN JOHNSON ホッフェンハイム
DF ダマーカス・ビーズリー DAMARCUS BEASLEY プエブラ
MF カイル・ベッカーマン KYLE BECKERMAN ソルトレイク
MF マイケル・ブラッドリー MICHAEL BRADLEY トロント
MF アレハンドロ・ベドヤ ALEJANDROl BEDOYA ナント
MF ミケル・ディスケルド MIKKEL DISKERUD ローゼンボリ
MF ブラッド・デイビス BRAD DAVIS ヒューストン
MF ジャーメイン・ジョーンズ JERMAINE JONES ベシクタシュ
MF グレアム・ズシ GRAHAM ZUSI カンザス
MF ユリアン・グリーン JULIAN GREEN バイエルン
FW クリント・デンプシー CLINT DEMPSEY シアトル
FW ジョジー・アルティドール JOZY ALTIDORE サンダーランド
FW アーロン・ヨハンソン ARON JOHANNSSON AZ
FW クリス・ウォンドロウスキ CHRIS WONDOLOWSKI サンノゼ

新着記事

↑top