千田善

1958年岩手県生まれ。国際ジャーナリスト。立教大学講師。ベオグラード大学大学院(国際政治)中退後、ユーゴスラビア各地を取材。外務省研究所、一橋大、中央大の講師などを経て、2006年から日本代表オシム監督の通訳(セルビア・クロアチア語)。著書に『ユーゴ紛争』(講談社)、『オシムの伝言』(みすず書房)など。2012年春に『オシムのトレーニング』(池田書店)を出版。

ダシに使われたオシム氏。元通訳が見た、代表後任監督をめぐるボスニアと日本メディアによる空砲の撃ち合いと虚報

ダシに使われたオシム氏。元通訳が見た、代表後任監督をめぐるボスニアと日本メディアによる空砲の撃ち合いと虚報

日本代表監督の後任人事がいよいよもって決着しようとしている。まだ確証ではないがハリルホジッチ氏は有力候補だという。アギーレ監督が契約解除となってから、様々な報道が飛び交ったが、その状況にハリルホジッチと親交があるオシム氏の元通訳は憤る。

新着記事

FChan TV

↑top