ドルトムント香川はバイエルンに無敗。王者優勢もBVB有利なデータが他にも

ブンデスリーガ第10節が現地時間31日から2日にかけて行われる。今節の注目カードは何と言ってもバイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムント。現在の立場から、圧倒的に優勢なバイエルンだが、意外なデータがあることをブンデスリーガ公式サイトが30日に伝えている。

2014年11月01日(Sat)7時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , ,

20141031_dord_getty
ドルトムントは対バイエルン戦において、相性がいいというデータがある【写真:Getty Images】

 ブンデスリーガ第10節が現地時間31日から2日にかけて行われる。今節の注目カードは何と言ってもバイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムント。現在の立場から、圧倒的に優勢なバイエルンだが、意外なデータがあることをブンデスリーガ公式サイトが30日に伝えている。

 ここ数シーズンに渡り、覇権争いを繰り広げてきた2チーム。しかし、現在の状況はバイエルンが首位を走り、リーグ戦では5試合で16得点、7試合連続無失点と攻守がかみ合い絶好調。対してドルトムントは、リーグ戦9試合でたった2勝の15位と危機的状況である。戦力から見ても、バイエルンの圧倒的優勢には変わりがない。

 ところが、ドルトムントは対バイエルン戦において、相性がいいというデータがある。

 まずMF香川真司だが、ドルトムント在籍時に4度の対戦経験があり、全て勝利。自身も1または2の高評価の出来となっている。(評価点は1が最高点、6が最低点)。

 さらに、DFBポカール(ドイツカップ)で、GKロマン・ヴァイデンフェラーに代わって出場したGKミチェル・ランゲラクも、3度対戦し、全勝している。

 そして、ドルトムントは過去4シーズンにおいて、バイエルンのホームであるアリアンツ・アレーナで負けていない。

 ただし、香川はマンチェスター・ユナイテッド所属時にはバイエルンに敗戦。ランゲラクも先発で出るかはわからない。

 データだけで推し量れるものではないが、現在のドルトムントにすれば、少しでも勝利の可能性を見出したい状況だろう。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top