バルサ監督、メッシへの罰則を検討も主将達に引き留められる

2015年01月07日(Wed)14時27分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

バルサ監督、メッシへの罰則を検討も主将達に引き留められる
ルイス・エンリケ監督【写真:Getty Images】

 バルセロナのルイス・エンリケ監督は、犬猿の仲だと言われるFWリオネル・メッシが5日の公開練習を欠席したことを理由に罰を与えようとしたが、主将達に引き留められた。スペイン紙『スポルト』が6日に伝えている。

 同紙によればL・エンリケ監督は、メッシが4日に0-1で負けたソシエダ戦の次の日の観客向けの公開練習を、胃腸炎を理由に欠席したことによって憤りを感じたという。

 これに対して主将達のMFシャビとイニエスタ、そしてブスケッツは監督の判断は誰にとっても良くないものだと説得し、クラブの火種を消そうとした。

 実際に『スポルト』によると、この3人は7日にバルセロ二スタ達を騒がせた一連の騒動に終止符を打つためにメッシと話し合う予定である。主将達はクラブに流れる不穏な空気を一掃しようとしている。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

FCバルセロナはまだ進化するか?
バルセロナの哲学はフットボールの真理である
バルサ選手のジュニア時代 家族の愛に支えられ夢を叶えた者たち

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top